不動産屋のフリートーク
FC2ブログ

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

契約不適合責任

今年4月、施行される改正民法では 瑕疵担保責任という
法律用語が 契約不適合責任という用語に変わります。

これら「名前が変わるだけ」と思っていないでしょうか?

瑕疵担保責任の責任追及期間は 買主の請求は事実を知った時から
1年以内、これに関連し宅建業法では、宅建業者自ら売主の場合、
引渡日から2年以上、同条の規定より買主に不利となる特約をしては
ならないとされていました。


今回の改正で 買主は不適合を知った時から1年以内にその旨を
売主に通知~(以下略) となりました。

一見同じに見えますが


瑕疵担保責任は瑕疵が隠れていた場合
(買主が瑕疵を知らなかったことについて善意無過失の場合)
に限定されていましたが 改正後の契約不適合責任では
契約不適合が隠れたものであった(善意無過失)場合
に限定されなくなります。

よって 売主が宅建業者の場合、売主の責任を隠れた瑕疵に
限定する特約は、買主に不利なものであることから無効となります。




特に売主が宅建業者の中古住宅なんかに影響するでしょう。










  1. 2020/03/17(火) 17:16:40|
  2. 不動産
  3. | コメント:0

ヨーロッパは感染症にデリケートなので

一連の新型コロナ関連のニュース、私、個人的には 「騒ぎ過ぎだろ」
「患者の致死率・重症度からみても風邪レベルだろ」
「他のニュースもやってくれ」と思ってみています。

が、しかし 感染者がヨーロッパに広がり、同様に騒ぎ出しているのには 
少し懸念、ヤバイ(世界経済が)と思っています。

それは、世界史的に ヨーロッパは感染症の被害者でもあり
加害者でもあったからです。


6世紀中盤のビザンツ帝国や 14世紀ヨーロッパ全土を
おそったペスト(黒死病)は人口を激減させ 社会体制
(ユスティニアス体制や封建制)の変動に大きな影響を与えました。

詳しくはこちら





加害者だった理由は こちら

銃


なので 欧米メデイアはまだまだ騒ぐかもしれません。





  1. 2020/03/06(金) 15:37:27|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0

令和2年度税制改正大綱(住宅ローン控除)

令和2年度の税制改正大綱が昨年12月に閣議決定されました。

その中で 住宅ローン控除とマイホームを譲渡した場合の特例との
併用について見直しが盛り込まれました。

居住用財産の譲渡特例と住宅ローン控除の併用が
可であったのが今回の改正で不可となります。


対象となる譲渡特例の種類

・居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例
(軽減税率)

・居住用財産の譲渡所得の特別控除
(3000万円特別控除)

・特定の居住用財産の買換え等の場合の長期譲渡所得の課税の特例
(課税の繰り延べ)

・中高層の立体買い替え


以前(数年前)のパターンに戻ります。









  1. 2020/02/14(金) 15:53:45|
  2. 不動産
  3. | コメント:0

新型コロナウイルスよりも

現在、国内のニュースは新型コロナウイルス一辺倒ですが

アメリカでは2019-2020年シーズンのインフルエンザ感染者は1900万人以上、
入院患者は180,000人、死者は10,000人と推定されています。
(1月25日アメリカ疾病管理予防センターが発表)


そして 日本では
例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。

国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は
214(2001年)~1818(2005年)人です。
また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する
超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、
世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。
(出典:厚生労働省 新型インフルエンザに関するQ&A)

つまり 今のところ新型コロナウイルスより インフルエンザが原因の方が
多く死んでいるわけです。


なので インフルエンザには気をつけましょう。







  1. 2020/02/02(日) 14:47:51|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0

「ファーウエイショック」 NHKスペシャル


19日放送の NHKスペシャルファーウェイショックをウトウトしながらみていました。


そこで解説していた
ファーウェイの 5Gネットワーク機器の導入・非導入(予定)の国々は
ファーウェイ
らしいです。





個人的な感想は 「え!中国そこまで行ってるの」「アメリカ やばいじゃん」です。

現在真っ最中の 米中覇権争い、このままだと5G分野に関しては
中国が勝つかもしれません。


番組最後の 大学教授が言っていた
「日本やアメリカ・欧米諸国の 自由と人権を守ろうとする国々は
 今後、これらを守る気もない巨大な中国とどう向き合っていくか?」
は難しい問題です。


たぶん

サピエンス下

この本に書いていた 「文明は人間を幸せにしたか?」を
我々は考えないといけないかもしれません。


おわり





  1. 2020/01/20(月) 17:56:45|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

イラン関連 一連の流れをつかむには

年明けから イラン関連のニュースが世間を賑わしています。
ですが、TVでニュースや新聞を見ていても イマイチ理解しにくい点は
ありませんか?


・そもそもアメリカはイランの何に対して怒っているのか?

・アメリカ(トランプ大統領)はナゼ スレイマニ司令官を殺害したのか?

・アメリカもイランも実は戦争は避けたいのでは?

・イラン革命防衛隊は何をしたいのか?

・ウクライナ旅客機撃墜で イラン国民が政府に対しめちゃ怒っているのは?
 (アメリカ死ねデモから一転して)

等々 

これらを理解するには イラン革命からの歴史を勉強しなければいけません。

しかし、それはめんどくさい、忙しい。

そういう人達におすすめする動画はこれです。






  1. 2020/01/14(火) 10:43:44|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0

世界の都市を覚えるのが・・

明けましておめでとうございます。
ブログ、弊社、共々に今年もよろしくお願いいたします。

新年早々 物騒な国際ニュースが世間を騒がしています。

ですが、その論評はまたの機会にブログに書くことにします。


当然ですがニュースには 世界の主要都市名がでてきます。
それがどこの国の都市なのかがわかりにくい 特に中東。
イスタンブール、バクダッド、レバノン、テヘラン・・など

「何処やねん」 「どんな町やねん」

ヨーロッパや中東の都市は 地図で覚えるよりも
世界史視点で覚えた方が スッと頭に入ってきます。



そこで

  世界史から読む


を おすすめします。

私も 今 読んでいる途中です。


 






  1. 2020/01/07(火) 15:58:39|
  2. 本・書評など
  3. | コメント:0

改めて このブログの主旨

ブログを書き始めて約2年半。フリートークと題し不動産ネタから、ニュース、
世界史、書評と私の思いつきでランダムに書いてきました。

しかし、自分自身でこのブログを読み直しても 
「こいつ何が書きたいねん?」
と思ってしまうほど コンセプトが定まっていません。

なので カテゴリーごとに主旨・考えをまとめておきます。


★カテゴリー

●不動産・・・物件情報、法律・税金・住宅ローン等 不動産会社なので
        不動産に関するあらゆる情報を発信しています。 
        私の知識確認も兼ねています。

●世界史・・・とりあえず今、流行りなのと私が興味あるので書いています。
        ちなみに昔、受験は日本史だったので世界史は苦手でした。

●雑談・・・このブログのタイトル通り営業マンは雑談力が重要なので書いています。


●ニュースとか・・・ 上に同じ


●本・書評など・・・・ 一応、プロフィールに読書好きと書いているので。 
         

以上



弊社の年末年始の休業は12月28日から1月6日です。
来年もよろしくお願いします。


今年、暇だったらもう一回書くかもしれません。



  1. 2019/12/21(土) 16:36:59|
  2. ブログの主旨
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kitaosakaj

Author:kitaosakaj
大阪市淀川区の不動産屋です。

最新記事

カテゴリ

不動産 (85)
雑談  (58)
世界史 (48)
ニュースとか (17)
本・書評など (19)
ブログの主旨 (3)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる