FC2ブログ

category: 不動産  1/8

主導権は売主(媒介契約)

No image

不動産屋は売主と媒介契約を締結した時点で、その売主との関係は委任(あるいは準委任)の関係となります。(法律用語)そして 善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負います。(民法)民法では「受任者は、委任者の請求がある時は、いつでも委任事務の処理の状況を報告し、委任が終了した時は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない」となっています。宅建業法では 売主等の委任者から請求があっ...

  •  0
  •  -

宅建業法37条書面とは

No image

不動産業者は自ら売主となって売買契約をした場合は相手方に売買・交換・賃貸契約を成立させた時は 両当事者に37条書面というものを交付しなければなりません。(宅建業法)37条書面には売買金額(または家貸)・支払時期・支払方法を定めて必ず記載し そして 宅地建物取引士が記名押印します。そこで 「ん?37条書面って契約書と違うんか?」と思う方も多いのではないでしょうか。「37条書面=契約書とあまりはっきり...

  •  0
  •  -

宅建業者が自ら売主となる場合

No image

最近増えてきている中古マンションや一戸建のリノベーション済物件、新築戸建・分譲宅地・投資用不動産等で売主が不動産屋の物件は取引をする場合、以下8種の規制が宅建業法で定められています。①自己の所有に属しない宅地建物売買契約締結の制限不動産屋は他人の所有物について自ら売主となる売買契約を締結してはなりません。いわゆる他人物売買は禁止です。但し例外があります。不動産屋がその土地を契約(停止条件が付いてな...

  •  0
  •  -

今週のチラシ マンション4物件

※画像は広告有効期限到来時に 削除します。...

  •  0
  •  -

住宅ローン控除の延長、拡充

No image

昨年12月、政府与党の平成31年税制大綱が公表されました。家を購入する人に一番関連するであろう「住宅ローン控除制度の延長、拡充」の概要を書いておきます。■特例の適用要件消費税が10%で課された住宅を購入し、2019年10月1日から2020年12月31日までの間に居住を開始すること。■特例の内容・適用期間が10年間から13年間に延長・11年目から13年目は以下(1~10年目は現行と同じ)。<一般住宅>次のいずれか低い方①ローンの年...

  •  0
  •  -

今週の西中島エリアのチラシ

今週の西中島エリアのチラシです。広告期限到来後 画像は削除いたします。...

  •  0
  •  -

今週の西中島エリアのチラシ

今週の西中島エリアのチラシです。画像は広告有効期限到来時 削除いたします。...

  •  0
  •  -

今週のチラシ

今週のチラシです。広告有効期限到来時 画像は削除します。...

  •  0
  •  -

その時売れる物件を買う

No image

 厚生労働省が公的年金の受給開始時期を70歳まで繰り下げた場合を公表する等 ちまたでは将来「定年70歳」になる説が囁かれています。というか 日本人の寿命、医療の発展等を考えると 10年~20年後には 定年そして年金受給開始年齢が70歳というのがスタンダードになっているでしょう。さらに住宅性能のUPも関係し借入れ期間40年~50年という住宅ローン商品も増えつつあります。(特に地銀なんかで)完済年齢は...

  •  0
  •  -