不動産屋のフリートーク 世界史

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

ウィーン会議

ドラクロア


ナポレオン戦争終結後、1814年 戦後の体制を取り決めるため
ヨーロパ各国の代表が集まり ウィーン会議が開催されました。

この時の主要国は イギリス・オーストリア・ロシア・プロイセンでした。
(とフランスが当時ヨーロパの大国)

会議をを取り仕切ったのがオーストリアの外相、メッテルニヒでした。

しかし、各国の主張を調整するのが難しく 舞踏会ばかり開いていたため
「会議は踊る、されど進まず」と揶揄されるほど 会議はグダグダでした。

この各国の利害対立を利用しようと考え 仕切りだしたのが
フランスの外相 タレーランでした。

フランスは敗戦国、ましてタレーランはナポレオン時代、
外相をやっていたこともあったのにです。

タレーランは会議で「フランス革命前の主権と領土にもどすべきだ」という
正統主義を主張しました。

つまり元の正当な世界に戻せば ヨーロパは収まりますよ、ということです。
戦争責任をナポレオンに押し付けたわけです。

そして各国の代表はみんな納得してしまうわけです。

こうして敗戦国フランスは旧来の領土をほとんど失うことなく、
ヨーロッパの国境はナポレオン以前に戻りました。

タレーランしてやったりです。


これは例えるなら 会社を赤字にした張本人の営業部長が
会議でナンダカンダ言って煙にまいて 責任を逃れたようなものです。


タレーランは外交官としてはそれくらい優秀だったのです。
(たとえがイマイチですみません。)


反対に会議の主導権を握っていたメッテルニヒや 
ロシアのアレクサンドル1世がポンコツだったのかもしれません。


これで 現在の西ヨーロッパの国境の基本ができます。

このどさくさにまぎれナポレオンはエルバ島を脱出し
パリに戻り皇帝に復帰します。

会議は中断、対仏同盟が結成され、ワーテルローの戦いでナポレオンは
完敗します。 この期間がいわゆるナポレオンの百日天下です。


以上が19世紀前半、ヨーロッパにウィーン体制ができるまでの流れです。


試験にでます。


ちなみに上記絵画 「民衆を導く自由の女神」の作者、ドラクロワは
タレーランが愛人に産ませた子供という説(かなり有力)があります。

そして この絵画がニューヨークにある自由の女神像のモデルになっています。
(本文とは関係ありません)


このブログ、本当に教養が身に付きます。


おわり


  1. 2018/07/17(火) 17:42:50|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

鄭和の大航海


中国の一帯一路政策の海の方のやつ。「21世紀海洋シルクロード」は
中国沿岸部から東南アジア、スリランカを通りアラビア半島・アフリカ東部を
結ぶ計画です。


21世紀海洋


この図を見た時、世界史詳しい人(マニア?)なら 

「ん? これ似てるな」と思ったでしょう。



鄭和の艦隊


15世紀 明の時代、永楽帝に命じられて諸外国(上記図)大航海に赴いたのが
宦官に仕えていた鄭和でした。


鄭和は顔の濃い 色目人でイスラム教徒でした。靖南の役で成果を出して永楽帝に
認められ南海遠征(上記図)の指揮官に任じられ活躍しました。


第一次航海は 大船62隻、2万7800人の大船団でした。 
後の大航海時代のポルトガル船が250人程度(それでも海賊よりは強かった)、
現在のアメリカの原子力空母の乗組員が5,6千人です。  当時、鄭和の艦隊が
いかに大規模で中国の造船技術が高かったのかが分かります。



この大艦隊で明の皇帝は 各国に朝貢を求めたわけです。


そりゃ ビビるでしょう。




現在の一帯一路政策、 海の方は進捗が今一つのようです。

ですが目標は2049年なので 中国は明の時代のように
着々と陸・海ともユーラシア大陸での覇権を目指すでしょう。




  1. 2018/07/05(木) 13:44:04|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

なぜキリスト教はヨーロッパで普及したか?


「なぜキリスト教はヨーロッパで普及したか?」

先日暇だったので そっち系の勧誘に来たおばちゃん(パンフレット持ってくる人)
に この逆質問をしてみました。

すると 何か宗教的な答えが返ってきました。

それでは 信仰心の強い人しか理解できません。
(それで良いのですが・・・)



そして受験生、
これは直接入試問題には出ませんが 世界史を勉強する上で重要です。
知らないと 偏差値の高い大学には受かりません。




西暦30年ごろ イエス・キリストが十字架にかけられ処刑され
その後 復活を信じる弟子たちによりキリスト教は形成されました。

しかし すぐ(ローマ時代)には普及しませんでした。

ヨーロッパ全土に普及した(一般市民まで)のは 
だいぶ後の中世に入ってからでした。


地中海沿岸を除くヨーロパの土地は
非常に痩せていて 農業には向きませんでした。


そのため 食物が絶えず不足し、医療もほとんど成立せず
また ローマ時代のように 町は公共上下水が整備されていませんでした。

なので黒死病なんかが 流行ったのです。


14世紀のイングランドの平均寿命が24歳、16世紀でも34歳でした。
また、乳幼児の死亡率も高く約6割の子供は10歳を向かえる前に
亡くなっていました。


だから 中世ヨーロパの人々にとって 「死後人はどうなるか?」
という問題は深刻だったわけです。

キリスト教は 他の宗教より人間の死後について明確でした。

それは
「死後天国へ行くには ただ教会の教えを信じればよい」でした。


これが 一般の人々には非常に分かりやすかったわけです。

この他 キリスト教は戒律が厳しくなかったり 一神教のわりに
多神教的な要素 (聖母マリア・サンタクロース・聖バレンタインとか)
もあったりし 爆発的にヨーロッパに普及したわけです。


そして ヨーロッパが裕福になったので 宗教改革がおこった
とも言えます。



なかなかこのブログ、勉強になります。



おわり









  1. 2018/06/23(土) 12:11:51|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

ヨーロッパでサッカーが盛り上がる理由


ロシアで開催されているサッカーワールドカップ、 日本が初戦を勝ち
TVもこればかりです。

このサッカーの試合、もちろん世界中で人気ですが 
中でもヨーロッパの国同士の対戦は特に盛り上がります。

これは ゲルマン人の移動から第一次世界大戦までの西洋史を
勉強すれば 盛り上がることは理解できるでしょう。

特に高校生は勉強しましょう。


ローマ帝国が崩壊してからのヨーロッパは宗教的な対立から始まり 
民族対立・王国の成立 帝国主義による覇権争い。常に戦争の歴史でした。


何度も国境線は変わり また、地図上から消える国がいくつもありました。
 
なので 現在、サッカーの試合も盛り上がるに決まっています。




そして一点疑問に思うことがあります。


過去ワールドカップ何度も優勝しているドイツとイタリア。(優勝回数2位と3位)


この2国は 歴史上共通点があります。

・19世紀になって統一した。
中世は ブンデスリーガ・セリエAのチームの数くらい国がわかれていました。

・20世紀、第一次・第二次世界大戦ともに負け組になりました。

これ、何か関係あるかもしれません。


誰か サッカー好きで歴史好きの人がいたら教えてください。



  1. 2018/06/21(木) 15:29:04|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

十字軍はなぜグダグダだったか?


高校生が世界史の勉強していて 何がしたかったのか
意味が分からないのが「十字軍の遠征」だそうです。

十字軍は聖地エルサレムを、イスラム支配から奪回する目的で結成されました。

当初、東ローマ皇帝は傭兵の派遣を要請しただけだったのですが
大事になってしまい 正式な軍隊だけでなく民衆や少年までも参加したりして 
グダグダになってしまいました。

結局 最終的には聖地回復にも失敗したり 正式には7回あった遠征の回数が
8回説があったりします。

これがわけがわからない理由です。

そもそも十字軍がおおげさになった理由は
民衆のキリスト教に対する信仰心の強さからです。


もう一つの理由は ヨーロッパの農業生産性があがり
人口が増えたからです。

ヨーロッパの土地は非常に痩せていてたので 一度畑をつくったら、
しばらく土地を休ませなければいけませんでした。

それが三圃制に結びついたわけです。

この他 鉄製農具や水車などが普及し
農地がどんどん拡大していきました。


こうして飢饉がおこらなくなり子供が増えたわけです。


そこで土地をどう分けるかという問題が発生します。


しかし お父さんは均等に子供に土地を分けることはせず
土地は長男に一人に全部つがせ次男坊以下は村から追い出したのです。


そして 行き場を失った若者は土地を求めたのです。

この連中が十字軍に多く加わりました。

というか主力でした。

つまり 帰る場所がなかったのです。

だから十字軍は200年近くもやり グダグダだったのです。

しかし内容は別として 十字軍の結果ヨーローパがどうなったかは重要です。
試験に出ます。 教科書で勉強してください。


今回は文章は別として 内容は教科書どおりです。







  1. 2018/06/07(木) 16:29:57|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

スンニ派とシーア派


イスラム教徒の数はあと数十年で世界の人口の30%にまで達するとも
言われています。

今後、海外に限らず日本国内でビジネスをしている人達も イスラム教徒が
顧客となる機会が ますます増えるでしょう。


6世紀後半、アラビア半島のメッカで ムハンマドは唯一神アッラーの啓示受け
イスラム教を創始しました。

ムハンマドがアラビア半島を統一したと同時にイスラム教も広まりました。

その後 イスラム教は エジプトなどの北アフリカ・ぺルシャなどの西アジア
そしてインドまであっという間に 広まりました。

聖典「コーラン」では 唯一神アッラー、天使、啓典、預言者、来世、定命
の六つを信じること、信仰告白、礼拝、喜捨、断食、巡礼の五つのことを
義務づけています。

これを「六信五行」と呼びます。

この他に豚肉を食べることや飲酒、偶像崇拝を禁止しているのが特徴です。



そして、イスラム教を二分する スンナ派とシーア派に分かれたのは
は四代カリフのムハンマドのいとこアリーが暗殺されたことに端を発します。


アーリーの子孫こそが正統なカリフ(ムハンマドの後継者)と主張するのが
シーア派。それ以外の多数がスンナ派になりました。


教科書はこの説明ですが このシーア派、ほとんどがイランに分布していて 
イスラム教徒全体の1~2割の少数派です。

シーア派=ほとんどイラン人です。

そして このイランのシーア派の人達は 1日5回礼拝するのが3回だったり
お酒も飲んだり ラマダーンも中途半端だったり 少しゆるいのです。


これはイラン(ペルシャ)という国の特徴でもあります。


ペルシャ帝国の歴史は古く その誕生はイスラム教が誕生するはるか前です。
アケメネス朝ペルシアが紀元前550~、その前のメディアなんかは前8世紀、 
古代オリエントの時代から繁栄していたのです。


その時にペルシア人が 信仰していた宗教はゾロアスター教です。

この宗教の特徴は イスラム教徒同じ一神教ですが 「善悪二元論」など
どちらかち言うと キリスト教に近い宗教です。

そして イランと言う国はイスラム教を信仰していた期間より
ゾロアスター教を信仰していた期間が長いわけです。


だから イスラム教がイランに入ってきたとき みんなはしぶしぶ入信したと
思います。 反対に布教する側は イスラム教を少しゆるくして広めたはずです。


現在 イランは 女性の服装もおしゃれだったり ビールを飲んだりもします。
他の厳しいイスラムの国々とは少し違うのです。(と思います。)
この他、ゾロアスター教の慣習も残っているそうです。

なので イスラム教に対しスンニ派は厳格でシーア派は少しゆるいと
覚えても良いかもしれません。




このブログは学術的な根拠は全くありません。特に後半部分。
大阪の不動産屋が書いています。 関心のある方は自分で調べてください。





  1. 2018/06/01(金) 18:08:44|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

フランス、実はケンカが弱い説


学生であれば 弱いくせに いつもケンカの強いやつらとつるんでいる
ため なぜか強そうに見えるやつ。


社会人であれば 実は仕事がそれほどできないくせに 常に優秀な上司や部下が
まわりにいるおかげで できる人に見えるやつ。


これが世界史でみる 近世以降のフランスの立ち位置です。

イギリスと競って海外に植民地を取得した時代がありました。
ですが 結局 北アメリカ大陸やインドなど有力な土地はイギリスにとられました。

ヨーロッパ最強と言われた皇帝、ナポレオンも
戦線を拡大しすぎた結果 結局ロシアに負けました。

その甥、ナポレオン3世もまぁまぁ強かったのですが
プロセイン軍の捕虜になって 負けてしまいます。(普仏戦争)


第二次世界大戦では パリは一時期 完全にヒトラーに占領されました。


また 現在、EUの諸問題などにおいて発言権があるのはフランス大統領では無く 
常に ニュースに登場するのはドイツのメルケル首相です。

ですが フランスは G7、国連の常任理事国、核保有国等 誰もが認める大国です。

そして、いつの時代も強そうです。でも 実はそうでもないのです。
戦争は単独では負越しています。

しかし、これはすべての人が見習わなければいけません。




世界史を勉強すると こういうフランスの立ち回り方なんかが学べるわけです。


だから 役に立つのです。


たぶん・・・・・



  1. 2018/05/31(木) 15:00:29|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

ニューディール政策


1929年10月、ニューヨークの株式市場が大暴落しました。
そして アメリカ経済は一気に不況に陥り その影響は世界各国に及びました。 
ソ連以外。(ソ連は完全に社会主義国になっていたため影響を受けなかった。)


そこで 1932年のアメリカ大統領選挙で ニューディール政策を掲げ 
フランクリン=ルーズベルトが当選するのです。

ニューディール政策では まず失業者の救済のため テネシー川の開発などを
中心とした大規模な公共事業を実施しました。

また 農業調整法や全国産業復興法が制定され生産量や価格の調整が
図られました。(教科書通りに記載してます。)

これで アメリカの失業率は少し回復しました。


しかし 失業率だけ考えると ヒトラーの実施した経済政策の方が
1枚も2枚も上手でした。(民主主義では無かったからですが・・)

詳しくはこちら「ナチス・ドイツの経済」を参照。



アメリカのGDPはニューディール政策ではそれほど上がりませんでした。

アメリカのGDPが世界恐慌後 急速に伸びたのは
第二次世界大戦開戦後です。

アメリカが伸びたのは経済政策より
戦争のおかげなんです。


このブログ、少しネタ切れなので
しばらくはプチ世界史ネタでいきます。


おわり
  1. 2018/05/29(火) 17:47:58|
  2. 世界史
  3. | コメント:0

福音派


「聖書のみが正しく 救済は信仰によってのみ得られる」
と主張する人たちをキリスト教の福音派と言います。(簡単に言うとです。)

イギリスではこの主義者たちをピューリタンと呼んでいました。 この人たちは
なんだかんだあって結局 国王やイギリス国教派と政治的には対立しました。



1620年、このピューリタンを多く乗せたメイフラワー号はボストン郊外の街、
プリマスに上陸しました。

その後、アメリカには イギリスから政治的・宗教的自由を求めてどんどん人が
やってきました。そしてアメリカ東部海岸にはイギリス領の13の植民地が
建設されたのです。


この13植民地がアメリカ独立の起源です。

なので メイフラワー号でやってきた人達は
「信仰深きアメリカ人の始祖」として神格化されるわけです。


特にこの人たちを崇拝しているのが アメリカの福音派の人たちです。
特徴は アメリカファーストで信仰心が強い人たちです。



この福音派の人は 敬虔なクリスチャンで聖書のヨハネ黙示録最後の審判
なんかも純粋に信じています。(私なんか全然意味が分からないけど)


この中にイスラエルを異教徒から守らなければならないという
主張もあるようです。これが福音派の親イスラエルの理由です。




この福音派の人たちはアメリカの東南部を中心に 人口の約1/4いると言われています。


現在、トランプ大統領の最大支持基盤は この人たちです。

なのでトランプ大統領 個人(ブレーンはそうでもない)は世界情勢でもなく
ウォール街でもなく この人たちを見て仕事をしています。

つまり 国内外問わず政策を決めています。

・イランとの核合意破棄
・イスラエルの首都移転
・メキシコ国境への壁
・TPP離脱

などです。

米朝会談なんかは関係ありませんが 後に朝鮮半島から
の米軍撤退なんかを言い出した場合は 福音派の孤立主義
に即してきます。



なので極論ですが
本当に国際政治を語るのであれば 聖書を読むべきなのです。



もちろん 私は読みません。




  1. 2018/05/28(月) 13:31:31|
  2. 世界史
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

合同会社 北大阪住販

Author:合同会社 北大阪住販
大阪市内の不動産屋です。代表者氏名:坂元 稔 出身:尼崎市 不動産屋歴:約20年以上 起業して5年目 資格:宅地建物取引士・日商簿記2級 趣味:読書  このブログ、なぜか不動産ネタより世界史ネタが人気😢

ツイッター・ブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村 ロゴ

最新記事

カテゴリ

不動産 (53)
雑談  (45)
世界史 (33)
その他 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR