不動産屋のフリートーク 雑談 
FC2ブログ

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

「ファーウエイショック」 NHKスペシャル


19日放送の NHKスペシャルファーウェイショックをウトウトしながらみていました。


そこで解説していた
ファーウェイの 5Gネットワーク機器の導入・非導入(予定)の国々は
ファーウェイ
らしいです。





個人的な感想は 「え!中国そこまで行ってるの」「アメリカ やばいじゃん」です。

現在真っ最中の 米中覇権争い、このままだと5G分野に関しては
中国が勝つかもしれません。


番組最後の 大学教授が言っていた
「日本やアメリカ・欧米諸国の 自由と人権を守ろうとする国々は
 今後、これらを守る気もない巨大な中国とどう向き合っていくか?」
は難しい問題です。


たぶん

サピエンス下

この本に書いていた 「文明は人間を幸せにしたか?」を
我々は考えないといけないかもしれません。


おわり





  1. 2020/01/20(月) 17:56:45|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

女系天皇


元号が平成から令和と移りニュースも連日、皇室の話が多いようです。

中でも私が気になったニュースは皇位継承問題です。

現在の制度だと将来、天皇家は途絶える可能性が高いからです。

先日の朝日新聞の世論調査によると
安定した皇位継承のために、女性天皇や母方だけに天皇の血をひく
女系天皇を認めるのかと尋ねたところ、女性天皇については76%、
女系天皇は74%が、それぞれ認めてもよい だったそうです。

私が疑問に思ったのは
「本当に女系天皇の意味わかってんのか?」です。

現在具体的に 女系の皇位継承者として考えられるのは

・内親王愛子さまが チャライ系の男と結婚してできた子供。

・秋篠宮家の眞子様と小室圭さんとの間に生まれた子供。


などです。


おそらく この説明をした後 世論調査をしたならば
女系天皇賛成派は もう少し減るでしょう。

質問のしかたに悪意があるかもしれませんが・・・・
わかりやすくという意味です。



世界史的にみると
イギリス、北欧などの王朝は女系もO.Kです。

が 皇室に入る旦那は 出身家系の関係者とは頻繁に会えなかったり
その家族は 議員に立候補することも 公務員になることもできません。


つまり 変なやつが皇室の旦那にはなれないわけです。


私も 皇室に入る人間を厳格に選別するという条件であれば
女系天皇も旧宮家復活も賛成です。

が 現行のままでは反対です。


おわり


















  1. 2019/05/07(火) 11:47:00|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

情報をどこまで・誰まで出すか?

     

 3国0001




仕事上自分だけ知りえた情報(人事・不動産屋の物件情報等)
や戦略(新規事業等)を誰と共有し業務にあたるかは難しい問題です。

自己完結できる仕事であれば 極秘にしておけばよいのですが
協力者無しで成し遂げられる仕事も限られてきます。


1941年、ヒトラーはソ連への侵攻を計画していました。

当時、日本陸軍の仮想敵国はソ連で その準備もしていたので
ヒトラーがちゃんと伝えていれば ソ連を挟みうちできたはずです。

ですが、

「できれば同盟国日本と挟み撃ちしたいが その提案を日本にすれば
、独ソ戦の準備がソ連にバレるなー 」

と ヒトラーはその作戦を日本に伝えませんでした。



なので日本軍は南進してしまい その後アメリカと戦争です。


そしてドイツはソ連に負けました。




なので 「物件情報は隠さずある程度共有しよう」と言うことです。


今回は強引ですが 個人的に言いたいことでした。







  1. 2019/02/18(月) 13:09:24|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

アメリカ人はよく引っ越しするので

          アメリカ地図



アメリカ人はよく引っ越しをします。
一生に引っ越しをする回数はだいだい日本人の倍以上で 
世界で一番多い民族とも言われいます。


18世紀、独立当時のアメリカは現在の東部13州(上記図)だけでした。

中西部のルイジアナはフランス領、ニューメキシコあたりはスペイン領
そしてロッキー山脈の向こうは何があるかはわかっていなく
住んでいたのは原住民だけです。

アメリカは独立するとルイジアナをフランスから購入し
メキシコとの戦争でニューメキシコやテキサスを獲得しました。

そしてカルフォルニアでの金鉱発見です。

元々アメリカにやってきた白人はアメリカで一からやり直そうと
イギリスから逃げてきた人です。

おおざっぱに言うと イギリスから逃げてきた人がニューヨークで働いて
そこで失敗した人がシカゴ向かい またそこで失敗した人
がテキサスに行きました。この流れで西海岸のカルフォルニア
にたどり着いたわけです。




アメリカ人のホワイトカラーが転職を繰り返しても良しとする
文化もここからきています。(はずです・・・)


だから アメリカ人は転勤ではなく転職してでも引っ越しをするのです。



しかし、日本にはこの移動の歴史がありません。


なので 不動産のことや住宅政策等を考える時
なんでもかんでもアメリカのまねをしてもダメなわけです。







  1. 2019/02/11(月) 12:47:57|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

「確証バイアス」を解くのも仕事です

 
人は無意識に自分にとって都合の良い情報ばかりを集め
そして思い込む傾向があります。

これを心理学用語で「確証バイアス」と呼んでいます。



血液型と人の性格とは科学的にも医学的にも関連しません。

なのに 日本人は「A型だから几帳面」「AB型は2重人格」 などと
思い込んでいます。

会社や学校などでA型でおおざっぱな人がいると 
その人は「なぜ君は几帳面ではないんだ」
と意味不明な指摘をうけたりする場合があります。

これは指摘する人に「確証バイアス」がかかっているからです。

この他
・大企業だから安心だ
・アメリカ人だから豪傑だ
・あの人が犯罪を犯すわけない
・ゆとり世代だから・・・
などなど・・・・  いろいろあります。

ネット社会になって余計 人はこの確証バイアスにかかるケースが
増えたようです(レビューなんかをみて)。


不動産を購入する際も これにかかっています。

なので我々は
「築年数は古いですが・・・」
「西向ですが・・・・」
「駅から遠いですが・・・」
「北大阪住販はちっこい会社ですが・・」
などと言うトークをして お客様に対し「確証バイアス」を
解いてあげているわけです。


おわり























  1. 2019/01/22(火) 17:22:36|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

一蔵どん

     
     大久保0001


NHK大河ドラマ「西郷どん」も最終回まであと2話となりました。

そこで ドラマではどうしてもヒール役になってしまう一蔵どん
(大久保利通)を(史実で)フォローしておきます。

私が特にすごいと感じている2点
(西郷どんにはできなかったであろう点)は以下です。


・幕末、島津久光に取り入られ薩摩藩を動かすポジションについた。
 そして 動かした。


お由良の騒動の時に大久保家は干される等したので
大久保利通は島津久光のことを好きなはずがありません。
また、久光はガチガチの保守派だったので
考え方も合わなかったでしょう。

しかし、薩摩藩を動かさなければ天下の事を成し遂げられないと
大久保は分かっていたので 自ら囲碁をならうなどして
きらいでも久光に近づいたわけです。


・ドイツを参考として国家づくりをしたこと。

明治4年、大久保は岩倉具視、木戸孝允らと欧米施設にでかけます。

実は当時、日本はフランスがヨーロッパの最強の陸軍国で
文明国だと思っていました。
なので フランスを参考にしようと思っていました

が、しかし
1971年、普仏戦争でフランスはドイツ(プロイセン)に負けました。
みずから宣戦布告したナポレオン3世が捕まったのです。

そこで「我々が参考にするのはフランスではないドイツだ」
といち早く主張し、独裁といわれながらも実行したのが大久保でした。
(世界史的にもこれが正解でしょう)

薩摩藩主導で明治維新が成し遂げられたのも
中央集権のもと明治国家ができたのも 
一蔵どんのおかげなのです。



  1. 2018/12/06(木) 12:42:33|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

やはり最後は読書


私も グーグルなどの検索エンジンは
ヘビーユーザーだと思います。

しかし 調べても・調べても
「うーん本当か?」
「難しすぎて意味不明」
というような文章に何度もでくわし
結局 理解できなかったということもあります。


一つのテーマを調べるにしても ネットは
分かりやすい記事から 専門用語が多すぎて意味不明な記事、
哲学的で難しい記事等さまざまです。

ネットには時々 こういう 「こいつ分かってんのか?」
というような 作者の勘違い記事があるのです。

SEOまたはAIなんかでは これらを選別できません。


「難しいことを知っている=頭が良い。」ではありません。

「わかりやすく説明できる。=頭が良い。」

と 学校や会社で教えてもらったはずです。
また 池上彰氏も言っています。(たぶん・・・)


なので 自分が知りたいことを見つけるのは
本を読むほうが早い場合があるわけです。


先日
「読書したほうがいいよ」
「ネットであれば 作者が分かって
できれば有料コンテンツがよい」
と言ったのは これが理由です。



今回はほぼ
個人的な伝達事項ブログです。











  1. 2018/09/28(金) 11:03:23|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

西郷従道


以前も書きましたが 現在 私はNHK大河ドラマ「西郷どん」のファンです。

中でも推しメンは

従道

です。

が 関ジャニ錦戸くんファンではありません。

きらいではないですが・・



西郷従道


歴史上の人物 「西郷 従道」ファンです。


チョイ 渋めでしょう。



明治時代、
西郷隆盛も大久保利通も死んでから
(ドラマが終わってから)の時代ですが
西郷従道は 政府内の薩摩藩閥の中心人物になります。

文部卿や陸軍卿・内務大臣・海軍大臣と要職を歴任しました。

伊藤博文・山縣有朋クラスだったと思います。

なので
総理大臣にも推薦されましたが
兄貴が逆賊のため 断っています。

他、詳しい実績はググって調べてください。


記録は少ないようですが(兄と比べて)
兄やいとこの大山巌に負けす劣らず
人望があったようです。



部下に仕事を任せて 
責任は自分が全部取るタイプの責任者でした。

私なんか こういう人の部下なら
「社長じゃなくても O.K」とも思います。


ちなみに史実では
戊辰戦争で 負傷しますが 死にません。


なので来週 ドラマでも信五(錦戸くん)も死なないでしょう。


おわり






  1. 2018/09/17(月) 15:47:05|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

「ら抜き言葉」 文章にするときは


「急に来れなくなった」 「信じれなかった」

は間違いで

「急に来れなくなった」 「信じれなかった」

が正解です。


「釣る」「登る」などの5段活用動詞につける助動詞(可能)は
れる 登れる 「れる」です。

これに対し 「着る」「借りる」「見る」などの上一段活用動詞
「混ぜる」「寝る」「食べる」などの下一段活用動詞につける助動詞(可能)は
「られる」です。

上記例の「来る」(唯一のカ行変格活用動詞)には「られる」がつきます。
「~する」のサ行変格活用動詞には「する」「される」どちらもつきますが
「する」→「される」「達する」→「達せられる
になるので 間えることは無いでしょう。
(反対だと意味が通じない)

と理解していることが前提ですが

私個人的には ビジネスの現場でも会話では
この「ら抜き」言葉を使っても問題無いと思っています。

私も普段から「見れない」「来れない」等の言葉は頻繁に使いますし
「ら抜き言葉」が方言になっている人もいます。

さらに 「ら」をいれると その動詞が「可能」なのか「受け身」で使っている
のかが 理解できないこともあるからです。

なので 会話中これらを いちいち訂正しなくて良いと思っています。



さらに メールやSNS等の文章であればこの「ら抜き言葉」を
使っても問題無いと思います。


しかし、ビジネス文書 (議事録とかならO.Kかな・・)や
不特定多数の人に発信するweb文書(固めな内容のブログとか)
にこの「ら抜き」言葉を使うのはやめた方がよいでしょう。


web上で社長やスタッフが書く業界の難しい専門的なことを書いている
記事なんかに この「ら抜き」言葉があると気になります。


不動産のことを難しそうに 顧客向けに書いている記事なんかネットで
見かけますがそれらに「ら抜き言葉」がある場合 

たとえ内容が立派でも

「うーん??」 という感じです。



  1. 2018/09/13(木) 13:12:12|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kitaosakaj

Author:kitaosakaj
大阪市淀川区の不動産屋です。 不動産・世界史・ニュース・書評とかを書いています。代表者:坂元稔 出身:尼崎市

最新記事

カテゴリ

不動産 (84)
雑談  (58)
世界史 (48)
ニュースとか (16)
本・書評など (19)
ブログの主旨 (3)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる