不動産屋のフリートーク

archive: 2018年03月  1/2

これからは中古住宅です

下記グラフは 既存住宅流通シェアの国際比較です。「なんでこんなに日本は 中古住宅の流通量(割合)が少ないんだ」政府はこの事を一番わかっていて 国土交通省は既存流通促進に向け様々な取り組みを実施しています。・既存住宅の流通と空き家の利活用を促進し、住宅ストック活用市場への転換を加速。(新たな住生活基本計画・平成28年3月閣議決定)・既存住宅・リフォーム市場の活性化に向けた施策・インスペクション・宅建業...

  •  0
  •  closed

「安心R住宅」

No image

「安心R住宅」とは、既存住宅の流通を促進することを目的として国土交通省より告示され、平成30年4月1日から使用開始される制度です。詳しくはこちら 「安心R住宅・国土交通省」を参照ください。要約すると「安心R住宅」の要件とは以下の4つを満たす既存住宅です。1、新耐震基準を満たす住宅1981年(昭和56年)6月1日以降の建築確認証を受けた住宅、あるいは耐震補強工事をするなどして現行の耐震基準をみたすことを証明...

  •  0
  •  closed

「自分の責任でうまくやれ」

No image

「自分の責任でうまくやれ」部下に仕事を任せる良い上司からの指示のように聞こえますが この発言を連発する奴は ダメ上司、仕事もあまり出来ないでしょう。東芝の粉飾決算事件の中で経営トップは「工夫しろ」「チャレンジ」だと指示をだしました。部下は うまくやったら上司の指示をこなしたことになり下手を打ったら「なぜ指示通りに出来ないんだ」と叱責されます。いわゆる 「部下の手柄は俺のもの、部下の失敗は部下のせい...

  •  0
  •  closed

年金機構を責めるのは簡単ですが・・

No image

日本年金機構がデータ入力を委託した「SAY企画」が契約違反をし中国の関連会社に再委託したことで 「データ入力ミス」「個人情報の流出」がおきました。一部報道によると 日本年金機構は入札により「SAY企画」を選定し、データ入力業務を委託したそうです。私が(勝手に)想像するに 年金機構内で上司 「年金受給者のデーターを入力する業者 ○日までに決めといて」部下 「はいわかりました。 実績のある業者を入札で...

  •  0
  •  closed

ロシア帝国

先日のロシアの大統領選挙ではプーチン氏が圧勝、2024年までの6年間プーチン政権が続くことが決まりました。クリミア半島併合やオリンピック選手のドーピング問題、イギリスでのロシア元スパイ殺人毒殺未遂事件などロシアはいつも世界のトラブルメーカーです。ロシアも一応選挙はしています。「じゃ なぜロシア国民はプーチン氏のような強靭なリーダーを好むのか?」古代ローマにはアルプス山脈、西ヨーロパにはドイツの森アメリ...

  •  0
  •  closed

封建制度の違い(ヨーロッパと日本・中国)

No image

中世ヨーロッパでは法律や警察機能も整備されていなかった為人々は自分の身や土地を自身で守らなければなりませんでした。そこで発展したのが 封建制です。主君は家臣に土地を与え、保障してあげる代わりに家臣は主君に対し軍事的な奉仕を誓いました。この封建制は もちろん日本や中国にもありました。ですがその違いは 日本や中国の主従関係が氏族的・血縁的関係に基づくのに対し ヨーロッパは双務的契約に基づくものでした。...

  •  0
  •  closed

ノンキャリアでも賢い

No image

およそ30万人いる国家公務員のうちいわゆるキャリア組は 15000人います。出身大学はほぼ東京大学、一番賢いと言われる財務省は 中でも法学部出身者が多いのです。毎年、中央省庁で数百人程度をキャリアとして採用(以前の国家公務員1種)しており財務省のキャリア採用はそのうちの数%未満です。レベルが高すぎて どれ位賢いかもわかりません。我々が扱う不動産で 土地の境界が未確定な物件を取引する場合、 確定測量が...

  •  0
  •  closed

宅建業法改正(H30.4~)

No image

改正宅地建物取引業法が平成30年4月に施行され 取引時、指定を受けた建築士による既存住宅状況調査(インスペクション)の活用を 促すことが 不動産屋に義務付けられます。インスペクションの内容とは①劣化事象等が建物の構造的な欠陥によるものか否か、欠陥とした場合の要因が何かといった瑕疵の有無を判定すること②耐震性や省エネ性等の住宅にかかる個別の性能項目について当該住宅が保有する性能の程度を判定すること③現行建...

  •  0
  •  closed

アドルフ・アイヒマン

第二次世界大戦が終結しドイツは敗戦国になりました。ナチスドイツの幹部(アウシュビッツ収容所の所長など)としてユダヤ人殺戮をおこなった中心人物、アドルフ・アイヒマンは捕まれば即死刑になるのは確実でした。そのため 直ぐにアイヒマンは妻子を連れアルゼンチンへ逃亡。名前を変え一般会社員として ひっそり暮らしていました。しかし1960年、アイヒマンはイスラエル諜報員に捕らえられ 人道に関する罪や戦争犯罪など...

  •  0
  •  closed