不動産屋のフリートーク 2019年05月
FC2ブログ

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

樺太・千島交換条約

         樺太



1875(明治8)年、日本とロシアの間で成立した条約。
内容:樺太全土をロシア領、千島列島列島を日本領とした。

これが樺太・千島交換条約の教科書なんかで書かれている説明です。


しかしこれだけでは 
・ナゼこの条約が結ばれたのか?
・時代背景はなんだったのか?

なんかがわかりません。



樺太は18世紀末から、ロシア人と日本人が移住するようになってましたが
当初は両者が共存していました。そして 1855年の日露和親条約で日露双方の
雑居地とされましたが、その後も紛争が絶えなかった状態でした。
そして問題をかかえたまま 明治政府が誕生したわけです。

で 条約成立までのポイントは大きく以下3点。


・クリミア戦争

1953年 ロシアは東地中海への進出を試み オスマン帝国と
戦争をします。 結果は敗戦。
ロシアはヨーロッパで負けると極東へ向かう(または反対)
のが鉄則なので真剣に樺太をとりにきたわけです。



・イギリスの入れ知恵があった

当時の英国は「太陽の沈まない国」と称される世界一の海軍国家でした。
海洋戦略に長けた英国は、ロシア海軍が将来太平洋に進出することを懸念し、
千島列島を日本に領有させることでオホーツク海に封じ込めようと考えたわけです。

このことを日本にアドバイスしたのです。

当時はロシアは ランドパワーの国だったので 当時そこまで小さい島々を
重要視してなかったのでしょう。
第二次世界大戦後に その重要性が分かったのです。
だから取りにきたわけです。


・黒田清隆

当時 北海道開拓次官だった黒田清隆は「本土から遠く離れた樺太をロシアに譲り、
北海道開拓に全力を注ぐべき、ロシアがクリミア戦争に負けたとはいえ、
日本にとっては政治、戦力、経済全てにおいて強国です。」と主張します。

政府で権力を握りつつあったこともありこの黒田案が優勢となりました。

イギリスが黒田に入れ知恵したのかもしれません。


以上のような経緯でこの条約は締結されたのです。

明治政府も強国ロシアと いかに戦争しないで
国益を守るかを考えてのことだったのです。


最近問題になっている国会議員の
「戦争せずに島を取り返す・・・」発言なんかは
明治時代の方が言えなかったでしょう。


おわり




  1. 2019/05/24(金) 13:22:23|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0

アメリカと言う国は・・・


トランプ政権は今月13日、中国への制裁関税の第4弾として 
約3000億ドル分の輸入品に対し最大25%の関税を課すと発表しました。

現在、これが世界の株式市場や日本経済にも影響してきていることから
我々レベルの会話でも 話題になってきています。

みなさんも この話題の中心は貿易戦争の領域に入ってきている
「米中貿易摩擦がいつまで続くか?」 という点でしょう。

ちまた(一部専門家も)では  今回のアメリカの中国叩きはトランプ大統領の
有権者向けのパフォーマンスも入っているため 任期中だけだろう
という意見もあるようです。

が これは少し甘いと思います。


アメリカという国を いつもの世界史的に簡単に説明してみます。


アメリカという国は 将来、自国のライバルとなる国を
知ってか知らずか 自身で育てしまいます。

そして、その国や勢力はほぼ後に反米になったり
アメリカを脅かすほどの脅威になったりするわけです。

そして、あわててそれらを全力でつぶしにかかるのです。

例えば 第二次世界大戦はドイツや日本を抑えるために
スターリンのいるソ連を育ててしまいました。

冷戦下ではソ連を抑えるために中国の地位を高めたり
日本の経済を発展させたりしました。


中東のイラクやタリバーン、アルカイダなんかも
アメリカが育てたようなもんです。

リーマンショック後の中国経済の発展にも
アメリカはからんでいます。


そして 後でこれらをつぶすのに苦労するのです。
(日本以外・・・)




なので 現在の中国という国の大きさからいっても
この米中貿易摩擦(戦争)は まだまだ(5年・10年・20年?)
続くでしょう。



おわり
















  1. 2019/05/17(金) 11:38:25|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0

女系天皇


元号が平成から令和と移りニュースも連日、皇室の話が多いようです。

中でも私が気になったニュースは皇位継承問題です。

現在の制度だと将来、天皇家は途絶える可能性が高いからです。

先日の朝日新聞の世論調査によると
安定した皇位継承のために、女性天皇や母方だけに天皇の血をひく
女系天皇を認めるのかと尋ねたところ、女性天皇については76%、
女系天皇は74%が、それぞれ認めてもよい だったそうです。

私が疑問に思ったのは
「本当に女系天皇の意味わかってんのか?」です。

現在具体的に 女系の皇位継承者として考えられるのは

・内親王愛子さまが チャライ系の男と結婚してできた子供。

・秋篠宮家の眞子様と小室圭さんとの間に生まれた子供。


などです。


おそらく この説明をした後 世論調査をしたならば
女系天皇賛成派は もう少し減るでしょう。

質問のしかたに悪意があるかもしれませんが・・・・
わかりやすくという意味です。



世界史的にみると
イギリス、北欧などの王朝は女系もO.Kです。

が 皇室に入る旦那は 出身家系の関係者とは頻繁に会えなかったり
その家族は 議員に立候補することも 公務員になることもできません。


つまり 変なやつが皇室の旦那にはなれないわけです。


私も 皇室に入る人間を厳格に選別するという条件であれば
女系天皇も旧宮家復活も賛成です。

が 現行のままでは反対です。


おわり


















  1. 2019/05/07(火) 11:47:00|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

プロフィール

kitaosakaj

Author:kitaosakaj
大阪市淀川区の不動産屋です。

最新記事

カテゴリ

不動産 (87)
雑談  (60)
世界史 (48)
ニュースとか (18)
本・書評など (19)
ブログの主旨 (3)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる