不動産屋のフリートーク 2020年09月
FC2ブログ

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

自殺事故物件の説明義務

取引対象の物件で過去に自殺事故があった場合、

重要事項の説明の際

①自殺事故があってから何年間説明義務があるのか?

②上下階や隣の部屋で自殺があった場合は説明するのか?

③廊下などの共用部分で自殺があった場合は?

が 最近良く聞かれます。
(映画の影響か?)


これらは 法律にはハッキリとした定めがありません(何年とか・・)ので
我々が説明する際、 判例や取引事例・紛争事例等をもとに
判断しなければいけません。


①「自殺から何年間は説明しなくてはならない・・」という法律はありません。
なので 売買か、賃貸か、都市部か、閑静な住宅地か、単身用か、ファミリー用か等、
案件ごとに諸事情を踏まえながら説明しなければいけません。
何年前であっても 不動産屋が知っていれば(明らかに知り得ることなら)
説明するのが 原則です。


②事故の部屋と隣接する住戸での自殺については告げる義務が無い
という判例があります。が、これを他のすべての事案に妥当すると
考えるべきでは無い。という解釈もありますので 個別に判断しなければ
いけません。

③これは対象の不動産(部屋)とその共用部分が
近ければ近い程説明義務があり、売主や管理会社への調査などで
知り得たなら必ず説明しなければいけません。


また、事故物件のうち 他殺・孤独死等は
説明義務の条件が変わってきます。








  1. 2020/09/12(土) 15:21:15|
  2. 不動産
  3. | コメント:0

重要事項説明と関係のあるハザードマップ

現在公表されているハザードマップには、自然災害の種類ごとに
いろいろなものがありますが、 中でも 我々が重要事項説明で
義務付けられた事項と関連する主なものは以下の4つです。


①土砂災害ハザードマップ
土砂災害特別警戒区域および土砂災害警戒区域
(土砂災害防止法7条及び9条)

②大規模盛土造成地マップ
造成宅地防災区域
(宅地造成等規制法20条)

③津波ハザードマップ
津波災害特別警戒区域および津波災害警戒区域
の元になる「津波浸水想定」
(津波防災地域づくりに関する法律8条)

④洪水ハザードマップ
洪水浸水想定区域
(水防法14条)

取引物件の所在地がこれらの区域に指定されている
場合には、何の区域か、どのような規制があるのかを
我々不動産屋は正確に説明する必要があります。



  1. 2020/09/07(月) 17:38:28|
  2. 不動産
  3. | コメント:0

プロフィール

kitaosakaj

Author:kitaosakaj
大阪市淀川区の不動産屋です。

最新記事

カテゴリ

不動産 (92)
雑談  (61)
世界史 (48)
ニュースとか (23)
本・書評など (19)
ブログの主旨 (3)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる