FC2ブログ

記事一覧

境界が不明な物件の相続登記

現在の所有者が分からない「所有者不明土地」の解消を目指す改正不動産登記法と改正民法、新法の相続土地国庫帰属法が、今月21日に参議院本会議で可決、成立しました。24年以降をめどに、土地や建物の相続を知った日から3年以内に登記するよう義務づけられます。そこで お客様からよく質問がある「土地の境界が不明な物件を相続した場合どうするか?」はどうなるのかです。相続登記は「所有権移転登記」であり、この権利に関す...

続きを読む

宅建業法47条があるので・・

不動産会社とやりとりをした経験のある人達に対するアンケート等(ポータルサイト等の)をみても「悪いことを事前に教えてくれなかった」「所有不動産の売却価格が予想以上に安かった」「売却活動に不満を感じた」「おとり広告物件だった」「売却物件の囲い込みをされた」と 令和の時代になっても 一般の人たちにとって 不動産屋に対するイメージはあまり良くないようです。日頃の実務においても 特に我々レベルの零細業者に対...

続きを読む

契約期間中の修繕

民法606条(賃貸人による修繕等) 1.賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。ただし、賃借人の責めに帰すべき事由によってその修繕が必要となったときは、この限りでない。2.賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。民法607条の2(賃借人による修繕) 賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、賃借人は、その修繕をすることができる...

続きを読む