FC2ブログ

記事一覧

今回はまともな専門家が多い気がします。

以前ブログでも少し書きましたが 私自身、NHKのニュースはよく見ますし新聞もよく読みます。情報取得の方法はいわゆる昭和時代と変わらないスタイルです。だから目につくのかもしれませんが公共性が高いと言ってもTV・新聞等のマスメディアには視聴率や購買数の獲得が大原則なので 変わった人が出てくることもあります。中には「本当に専門家か?」と思えるようななんちゃって専門家なんかも時々でてきます。コロナ報道の時は感...

続きを読む

単身の高齢者に居住用建物を賃貸する場合

居住用の建物(マンション・戸建)を賃貸に出す際、単身の高齢者に対して建物を貸すことを躊躇する方は少なくありません。賃借人が亡くなった時、物件に残された家財の所有権は相続人に承継されますが 相続人の有無や所在が分からくてその処理(賃貸借契約解除・残置物撤去等)が困難になるケースがあるからです。国土交通省はこのような賃貸人の不安を払拭し、単身高齢者の居住の安定確保を図る観点から、「残置物の処理等に関す...

続きを読む

今年の景気も

先日、米連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利解除を決め、FF金利を0.25%引き上げました。さらに今年中に0.25%の利上げ幅を前提に計7回の利上げを想定しているそうです。一方、日銀の黒田総裁は18日の記者会見で 資源高や円安による輸入価格の上昇による物価上昇する中 緩和を続ける考えを強調しました。ここ最近の物価上昇は国内の景気回復が原因ではないので今後も緩和は続けるしか無いようです。しかし、日米の金利差が拡大し...

続きを読む

ご自宅の購入や売却の時に

現在、全国各都市は立地適正化計画について以下の通り具体的な取り組みをおこない公表しています。「都市機能誘導区域」と「居住誘導区域」を定め 不動産業者や建築業者等がこれらの区域に指定されたエリア外の場所で開発・建築行為を行う場合には届出が必要になります。コンパクトなまちづくりと地域交通の再編と連携というコンセプトのもと国が進めていますので今後もこの誘導区域はどんどん設定されていくと思われます。具体的...

続きを読む

印紙代とか浮くので・・・

「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律」が昨年の通常国会で可決・成立しました。その中で、「押印・書面の交付等を求める見直し」として、48法律の改正が行われました。 →参照これに伴い宅建業法では 媒介契約書・重要事項説明書等・契約書の各書面がデジタルでの公布が可能となり宅建業者や宅建士による押印が不要となります。(宅建士の記名は必要)施行は今年5月ごろの予定です。(公布から1年以...

続きを読む

ミュンヘン会談

今回、プーチン大統領は「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立を承認し、これらの地域の「平和維持」を目的としてロシア軍がウクライナに侵攻しました。2014年からロシアの傀儡政権が実行支配しているこの2地域。そもそもウクライナがこの2地域の独立を承認していればロシアの侵攻を防げたのでは・・という意見もあります。(SNSとかで見る素人意見ですが・・)安易な妥協は間違いでプーチン大統領の要求...

続きを読む