FC2ブログ

大大阪時代


大正後期~昭和初期、大阪市は人口211万人(日本1位・世界6位)に達し、
都市開発等も 現東京23区をしのぐ発展をとげたので
「大大阪」時代と呼ばれていました。

この時代の 大阪市の象徴的な事業は

・御堂筋の拡幅工事(6m~)

・地下鉄御堂筋線の開通

・大阪城天守閣の再建

・淀屋橋・大阪駅周辺の区画整理事業

・大阪市民病院、現)大阪市立大学、大阪市中央卸売市場などの開設

その他いろいろです。


これらの都市開発事業は大阪市が主導で行いました。



戦後、大規模な都市開発は 変わって大阪府主導で実施されました。

・千里ニュータウンの開発

・大阪万博開催に伴う都市整備

・泉北ニュータウンの開発 

・関西国際空港の建設、それに伴う都市整備

などなど

がしかし
高度成長期以降 大阪市の人口は横浜市に抜かれ
大企業の本社も東京へと移転していきました。


大阪市側(職員・市議)には少なからず
この「大大阪」時代のDNAが残っているのでしょう。


心情は「都市開発は俺たちがやったほうが うまくいくんちゃう」でしょう。

これが 現在、府・市の2重行政の根本的な原因になっているんでしょう。


たぶん・・・


コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ