FC2ブログ

今更ですが レインズの説明


レインズとは 

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営している
コンピューターネットワークシステムの名称です。 → 参照

売主から売却依頼を受け専任(または専属専任)契約を締結した不動産業者は
一定の期間内にこのレインズへ物件を登録することが義務づけられています。

       レインズ


上記は 売主・買主それぞれ別の不動産業者が担当した場合
(分かれ)の取引時の説明図です。


売主が買主を探す作業 いわゆるマッチング作業はこのレインズに登録してしまえば 
どこの(遠方の業者間など)不動産業者でも可能です。


なので レインズに登録後 媒介契約期間内に不動産屋が一度も購入希望のお客さんを
案内できない場合は その不動産が相場より高いだけなのです。


もしこのレインズを閲覧することができれば 不動産仲介業者が行う売主・買主
(または貸主・借主)のマッチング業務は 地元の床屋さん・喫茶店など誰でも可能です。

または 誰も介さずメルカリのような個人間で直接交渉することも
可能なわけです。


だからと言って 不動産の契約締結まで全部を プロではない一般の人通し
で行うのは 公平性が担保されないので危険です。

不動産取引には このマッチングだけではなく 建物の管理・ローン付け・
インスペクション・取引に関するサービス全般など さまざまな業務があります。



ここに本来の差別化があるわけで家を売る人買う人(貸す人・借りる人)は
安心・安全で信頼できる不動産屋選びが大切です。





コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ