不動産屋のフリートーク 人望が大切なので・・・

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

人望が大切なので・・・


先日 嵐の二宮くん主演のドラマ 「ブラックペアン」の最終回、
最後に佐伯教授(内野聖陽)と渡海(二宮)くんが分かりあえて良かったです。

やはり優秀な外科医とは手術の腕だけでなく
佐伯教授のような人間力も大切だと感じました。

(以上ドラマの感想)




「優秀な営業マンが なかなか出世できない。」
「先に課長になったのは 営業成績がいつも同期では2~3番のやつ」

営業会社(そこそこ大きい)ではこの様なケースはよくあることです。

これは管理職への出世の条件として「人望」とか「まわりの人の評価」というのが
組織ではかなり大きなウェートを占めるからです。

だから サラリーマンの居酒屋談義で一番盛り上がるのが人事のネタなのです。

「Aさんより Bさんの方が優秀なのになぜ?」
「あいつはいつも上の人間やまわりみて仕事してるからな」
みたいなやつです。

しかし このような出世の際に 会社が課すフィルターは非常に重要です。
このフィルターがあるから 大企業はうまく運営していると思います。
(外の人間からみても なんでこいつが偉いんだと思う時もありますが・・・)

人の上に立つにはやはり人望が大切です。


銀行や親会社・2代目など 突然別の会社から来た人がトップの企業がよく
あります。それが優良企業・人気企業(ホワイト企業)だったりします。
それはトップに人望があるからなのでしょう。 (たぶん・・・・)


「良い管理職・理想の上司とは?」 と聞かれても 私は よくわかりません。
それはケースバイ・ケースで正解は無いかもしれません。





でも 管理職になってはダメな人はわかります。

それは 一匹オオカミで 自分が一番仕事ができると思っている
個人主義で自分ファーストの人です。

仕事に関して ある程度の自信は必要ですがが 一緒に働いている人達に
何の関心もなく モクモクと突っ走る人はいくら営業成績が良くても
人の上に立ってはいけません。


こういう人 なぜか不動産屋で起業した社長に多いんですが・・


人は権力を握ると自分の欲求に忠実になります。


オーナー社長はその欲求を実現するために他人を使うわけです。


しかし佐伯教授は違います。

部下(渡海)や患者の為なら自分は犠牲になってもよかったのです。


だから理想の上司・社長は佐伯教授なのです。



そして 私はドラマ「ブラックペアン」ロスです。


おわり



  1. 2018/06/29(金) 16:26:49|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0
<<一般保証制度 | ホーム | 契約書に文章が多いのは誰のせい?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

合同会社 北大阪住販

Author:合同会社 北大阪住販
大阪市内の不動産屋です。代表者氏名:坂元 稔 出身:尼崎市 不動産屋歴:約20年以上 起業して5年目 資格:宅地建物取引士・日商簿記2級 趣味:読書  このブログ、なぜか不動産ネタより世界史ネタが人気😢

ツイッター・ブログ村

にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村 ロゴ

最新記事

カテゴリ

不動産 (53)
雑談  (45)
世界史 (33)
その他 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR