FC2ブログ

鄭和の大航海


中国の一帯一路政策の海の方のやつ。「21世紀海洋シルクロード」は
中国沿岸部から東南アジア、スリランカを通りアラビア半島・アフリカ
東部を結ぶ計画です。


21世紀海洋


この図を見た時、世界史詳しい人(マニア?)なら 

「ん? これ似てるな」と思ったでしょう。



鄭和の艦隊


15世紀 明の時代、永楽帝に命じられて諸外国(上記図)大航海
に赴いたのが宦官として仕えていた鄭和でした。


鄭和は顔の濃い 色目人でイスラム教徒でした。靖南の役で成果を
出して永楽帝に認められ南海遠征(上記図)の指揮官に任じられ
活躍しました。


第一次航海は 大船62隻、2万7800人の大船団でした。 
後の大航海時代のポルトガル船が250人程度(それでも海賊よりは強かった)、
現在のアメリカの原子力空母の乗組員が5,6千人です。 当時
鄭和の艦隊がいかに大規模で中国の造船技術が高かったのか
が分かります。



この大艦隊で明の皇帝は 各国に朝貢を求めたわけです。


そりゃ ビビるでしょう。




現在の一帯一路政策、 海の方は進捗が今一つのようです。

ですが目標は2049年なので 中国は明の時代のように
着々と陸・海ともユーラシア大陸での覇権を目指すでしょう。




コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ