FC2ブログ

多くのスポーツがイギリスで始まった理由


サッカー、ラグビー、ボート、 競馬、ゴルフ テニス、ホッケー、
バドミントン等多くのスポーツがイギリスで生まれ ルールが定められ 
世界に普及していきました。

これはスポーツが広まった19世紀、イギリスが世界に先駆け 市民革命と
産業革命を成功させ市民社会を築きあげたことと 世界に多くの植民地を獲得し
大英帝国を樹立したことが理由です。

パクス・ブリタニカと言われ 覇権国家イギリスの発展と共にそれらスポーツは
世界に広まったわけです。

これが一般的な理由です。



ですが、この説明でこれらスポーツが広まった理由は理解できますが
なぜイギリスで発祥し・流行したかが 今一つわかりません。

なのでここから 私がいつものように想像解説します。


以下は私の個人的な説なので 間違っているかもしれません。


イングランド・スコットランドのあるブリテン島は
日本なんかより山地が少なく なだらかな丘陵や平地が多いため
羊を飼うのにも適していました。

産業革命以前の イギリスの主力輸出品は自国生産した毛織物でした。
そしてそれがよく売れていました。

なので地主層(ジェントリ)たちは 囲い込みまでやって 
羊毛増産を行ったのです。第一次囲い込み(エンクロージャー)


ですがその後 植民地戦争に勝利したイギリスは広大な市場を
獲得するわけです。

マーケットはヨーロッパ以外の インドやアフリカなどの暑い国が
加わりました。

そこで売れるのは毛ではなく綿です。

インドや北アメリカから綿花を安く輸入し 工場生産を機械化する
ことによりそれらを安く・早く・多く生産したのです。

なので 14世紀から毛織物の中心地として知られていた
マンチェスターなんかは綿織物生産の中心地として
飛躍的に発展していきました。

これに 動力革命などがおこり イギリスでは機械工業・製鉄・
石炭業が発展していきました。 

そして 地主層(ジェントリ)は資本家になっていきました。

なので 牧場で羊を飼う人は減り 空地が増えたはずです。



そして、これらで儲けた地主層(ジェントリ)たちが その空地で
始めたのが サッカーやラグビーやゴルフなどの
スポーツだったのです。


だから 全英OPをするゴルフ場なんかは 
人工的でなく自然のコースがあるのです。


昔は羊を飼っていたのかもしれません。


イギリスのスポーツの多くは「ジェントルマン・アマチュア」に限るという
規定を設けています。

これは本来 「スポーツをするのは労働者階級を除くジェントリーを中心とした
セレブたちのみ」という規定です。

だから ゴルフ、ラグビーなどイギリス発祥のスポーツの多くが
「紳士のスポーツ」と言われるのです。

これらを根拠に私は「イギリスでスポーツが多く始まったのは
羊を育てることができるような平らな芝生の多い土地が多かったから」
説を主張します。


誰か大学生、正確に調べてー



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ