FC2ブログ

文明の生体史観



  文明の





この本によるとユーラシア大陸の国々は
東洋・西洋ではなく

第1地域:西ヨーロッパ、日本

第2地域:Ⅰ中国 Ⅱインド Ⅲ ロシア Ⅳ中東

に分かれるそうです。
梅棹E38080文明の生態史観E38080a図

古来より図の真ん中の乾燥地帯には繰り返し
凶暴な遊牧民が誕生しました。


そしてその遊牧民は周辺の文明国を回復できないほど
破壊しました。

一番有名なのはチンギス・ハンのモンゴル人ですが
フン族、突厥、匈奴、鮮卑族なんかもそうです。


これら遊牧民は第2地域の国々の人たちがせっかく作り上げた
国の体制を 一瞬にしてぶち壊しました。


第2地域の人たちは 外敵から 国を守るためにも
巨大帝国をつくる必要があったのです。
 
そして遊牧民が侵入してきて またぶち壊す。

中国の歴史なんかはこの繰り返しです。



中国・ロシア・インド・ペルシャ・トルコなんかの歴史も似ています。


だから この地域には民主主義がなかなか根付かなかったのです。



これに対し 第1地域は海、や森という自然の堤防に
囲まれていたため 遊牧民が簡単に攻めて来られなかったのです。


なので第1地域の国の歴史は 絶対王政→封建制度→革命→民主主義
を自己完結できたのです。


だから イギリス・フランス・イタリア・ドイツなどの西ヨーロッパの
国々の人と 日本人の価値観(人権、環境、文化的等の)
が似ているのです。




そして 現在でも第2地域なんかの方が 
独裁者が登場しやすかったり
人権に対する価値観などが日本人と違ったりするわけです。











コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ