FC2ブログ

不動産屋は嗅覚で見抜くしか・・・


東京・西五反田の土地取引で積水ハウスが55億円だまし取られた事件。
今回の犯人グループ(一部)逮捕の報道により詐欺の
手口の全容が明らかになってきました。


地面師


このニュースをみて
「不動産の所有者になりすましたやつを 不動産屋は見抜けないのか?
しかも積水ハウスみたいな大手が」と思った人も多いでしょう。

不動産売買の際 売主が本人かどうかを確認することは
もちろん不動産屋の基本です。

しかし その際、売主の本人確認書類である

・身分証明書(運転免許証、パスポート等)
・印鑑証明書
・実印

これらを偽造されると 正直なりすましを見抜くのは無理です。



私は取引において地面師に出くわしたことはありません。

しかし 売り物ではない物件に出くわすことはよくあります。
(実は不動産所有者は売る気がない物件)


その際 特に事業用物件の情報において
注意している点は

・物件情報ので出どころは何処かまたは誰か?

・空地・空き家で仲介業者が間に何社もはいっていないか
(いわゆるあんこ物件)?

・売主が契約・決済を急いでいないか?

・売主本人が現地立ち合いをできるかどうか?

などです。

このあたりで引っかかってくると
取引関係者「性悪説」で考え(普段はやさしい営業マンです)
物件の裏付けをとるようにしています。
(ある程度取引が進展した場合)

 
あやしい物件かどうかは 不動産屋は
経験や勘などを働かし嗅覚で見抜くしかないわけです。



マニュアル通りではダメなのです。







コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ