FC2ブログ

その時売れる物件を買う


 厚生労働省が公的年金の受給開始時期を70歳まで繰り下げた場合を
公表する等 ちまたでは将来「定年70歳」になる説が囁かれています。

というか 日本人の寿命、医療の発展等を考えると 
10年~20年後には 定年そして年金受給開始年齢が70歳
というのがスタンダードになっているでしょう。


さらに住宅性能のUPも関係し借入れ期間40年~50年
という住宅ローン商品も増えつつあります。(特に地銀なんかで)



完済年齢は80歳まで と変わらないので
借入時の年齢条件は下がります。(親子リレーは除く)


70歳まで働いて給料がもらえる、借入れ期間が延びる等
住宅ローンを組む人にとっては良い事のように思えます。

が これは注意が必要です。

60歳定年がスタンダードの10年前位まで
住宅一次取得者に対しての我々のアドバイスは
「35年の住宅ローンを組んで退職金で
繰り上げ返済しましょう」でした。


ですが 今後70歳まで働くとなると
いろいろな事が想定されます。

健康寿命は70代(急には伸びないとして)なので 
60代の働き方は様々なスタイルが想定されます。

・60歳からは嘱託・契約社員
・年金をもらいながら契約・派遣社員
・60歳で退職
・退職金が少ない
・50代から給料が減る
 等
この他予想がつかないことも起こるでしょう。

不動産屋・銀行・ファイナンシャルプランナーなんかでも
正解は分からないでしょう。


なので家を買う時は いつでも売れる物件(資産)を買う
ということが重要なのです。

この点が購入VS賃貸論争に抜けている点だと思いますが・・・
(これは また今度書きます。)


ではどういう物件がいつでも売れる物件なのか?

それは北大阪住販までお気軽にお問い合わせください。

お待ちしています。





コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ