FC2ブログ

今、安倍首相が考えていること


安倍総理

安倍首相は今月14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し
1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約の交渉を加速させることで合意しました。

報道では「北方領土2島(歯舞諸島・色丹島)返還後、平和条約締結」
というのが交渉の基軸なようです。




1956年の国交を回復した日ソ共同宣言では
「2島(歯舞諸島と色丹島)を引き渡す」と謳われました。

が、日本は後から「4島一括返還」を主張し出したのです。
(今の韓国のことを言えません・・)

この背後にはアメリカの圧力がありました。
(4島返せって言えと)

そして日本の世論も 4島一括返還になりました。

ロシア側からすれば 4島一括返還に応じてしまえば
米軍基地を置かれてしまうリスクがあります。
なので賛成するわけがありません。

もちろん、第2次世界大戦の終了間際 ソ連は
日ソ中立条約を破棄し 北方領土に侵攻してきました。

これには私も腹が立ちます
が、日本は戦争に負けたわけです。

その後に結んだ条約(共同宣言)の方が
有効でしょう。

というようなことは 安倍首相サイドは百も承知です。
「2島だけだと世論がなぁ・・・」
というのが本音でしょう。



安倍首相はこのままいけば来年、総理大臣在任期間が 
桂太郎を抜いて歴代1位になりそうです。

あとは歴史に名を残す事を成し遂げるだけです。

ですが 憲法改正、拉致問題解決、日朝国交正常化
(名を残せるビッグイベント)の任期中決着が危うくなってきました。



なので今、安倍首相は2島返還後 ロシアとの平和条約締結で 
歴史に名を残そうと思っているはずです。





コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ