FC2ブログ

ロシアの「タタールのくびき」に学ぶ

          のくびき「タタール



モンゴル政権のキプチャクハン国が1243年に建国されるとロシアは
240年もの間その支配下に置かれました。

この時代のモンゴル人による支配のことを「タタールのくびき」と呼んでいます。

タタールはモンゴル人を含む中央アジアの遊牧民の異称。
くびきは馬や牛をつなぐための道具です。

つまりロシア(モスクは大公国)はモンゴル国家に
首根っこをつかまれ生殺与奪権を握られていたわけです。
(そこまで厳しくなかった説有)

現在であればサラリーマンの上司、
我々であれば超得意先との関係がこれににあたるでしょう。


これがロシア人にはコンプレックスとなり
そして飛躍するバネにもなりました。


この支配に モスクワ大公国は腐らず まじめにキプチャクハン国
の手足となって動き 信用を勝ちとり自立します。

まさにビジネスマンの鏡です。

その後領土を拡大していき 15世紀にロシアを統合します。
そして 東ローマ帝国から後継者を意味する「ツアーリ」
の称号を得るまでになります。

1480年、モンゴル勢力から完全な独立を遂げ
「タタールのくびき」からも解放されました。


このプロセス(詳細はカットします)は 
我々も 生きていく参考になります。











コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ