不動産屋のフリートーク 宅建業法37条書面とは
FC2ブログ

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

宅建業法37条書面とは


不動産業者は自ら売主となって売買契約をした場合は相手方に
売買・交換・賃貸契約を成立させた時は 両当事者に37条書面
というものを交付しなければなりません。(宅建業法)


37条書面には売買金額(または家貸)・支払時期・支払方法
定めて必ず記載し そして 宅地建物取引士が記名押印します。


そこで 「ん?37条書面って契約書と違うんか?」
と思う方も多いのではないでしょうか。



「37条書面=契約書とあまりはっきり書いていません。
(宅建の本とか)


ですが 実際の不動産取引においては同じものです。


民法では「売りましょう」「買いましょう」の
口頭で契約は成立します。

なので オフィシャルには
重要事項の説明(35条書面)→契約→37条書面となります。


法律で契約書とはあくまでも後日当事者の紛争を
防止する為に作成するものです。


不動産取引でそれはまずいだろうと 宅建業法で契約書の交付を
義務づけたわけです。


だから同じです。






  1. 2019/03/14(木) 15:33:44|
  2. 不動産
  3. | コメント:0
<<主導権は売主(媒介契約) | ホーム | 宅建業者が自ら売主となる場合>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kitaosakaj

Author:kitaosakaj
大阪市淀川区の不動産屋です。 不動産・世界史・ニュース・書評とかを書いています。代表者:坂元稔 出身:尼崎市

最新記事

カテゴリ

不動産 (84)
雑談  (58)
世界史 (48)
ニュースとか (16)
本・書評など (19)
ブログの主旨 (3)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる