FC2ブログ

相続税の申告もれは・・

お笑いコンビ・チュートリアルの徳井氏が1億円を超える申告漏れを
東京国税局から指摘された問題が芸能ニュースを賑わしています。


この申告漏れや脱税などを見つける税務調査、法人税や所得税が対象に比べ
高い確率で税務調査が行われるのは相続税です。


そして、財産の申告漏れや特例の適用誤りなどの指摘をうける件数の割合
(非違割合)の高いのも相続税です。


国税庁発表の「平成29年度における相続税の調査の状況について」によると

●実施調査数・・12,576件

●申告漏れ等の非違件数・・・10,521件

●非違割合・・・83.7%

そして申告漏れ相続財産の種類と金額は

土地・・410億円  家屋・・62億円  有価証券・・527億円  
現金・預金・・1183億円  その他・・・・1289億円

だそうです。


これは毎年、約5万人の方の相続について相続税の申告が行われることから
考えると、4件に1件が税務調査の対象となっていると言えます。 

そしてかなりの確率で申告漏れ等がバレています。

相続税対象者ほどの高額不動産を相続したのであれば
税務署はほぼ把握しているでしょう。



なので土地活用など相続税対策はお早めに。



また、冒頭の話題から強引に結び付けてしまいました。


おわり




コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ