FC2ブログ

契約不適合責任

今年4月、施行される改正民法では 瑕疵担保責任という
法律用語が 契約不適合責任という用語に変わります。

これら「名前が変わるだけ」と思っていないでしょうか?

瑕疵担保責任の責任追及期間は 買主の請求は事実を知った時から
1年以内、これに関連し宅建業法では、宅建業者自ら売主の場合、
引渡日から2年以上、同条の規定より買主に不利となる特約をしては
ならないとされていました。


今回の改正で 買主は不適合を知った時から1年以内にその旨を
売主に通知~(以下略) となりました。

一見同じに見えますが


瑕疵担保責任は瑕疵が隠れていた場合
(買主が瑕疵を知らなかったことについて善意無過失の場合)
に限定されていましたが 改正後の契約不適合責任では
契約不適合が隠れたものであった(善意無過失)場合
に限定されなくなります。

よって 売主が宅建業者の場合、売主の責任を隠れた瑕疵に
限定する特約は、買主に不利なものであることから無効となります。




特に売主が宅建業者の中古住宅なんかに影響するでしょう。










0 Comments

Leave a comment