FC2ブログ

買主の追完請求権

以前記載した 契約不適合責任の不動産売買においての第一効果について
改正民法(令和2年4月1日施行)は、次のように規定しています。

第562条
1.引き渡された目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に
適合しないものであるときは、買主は、売主に対し、目的物の修補、
代替物の引渡し又は不足分の引渡しによる履行の追完を請求することができる。
ただし、売主は、買主に不相当な負担を課するものでないときは
買主が請求した方法と異なる方法による履行の追完をすることができる。

2.前項の不適合が買主の責めに帰すべき事由によるものであるときは、
買主は、同項の規定による履行の追完の請求をすることができない


ここでいう「追完」とは 改めて完全な給付をすることでありますが、
不動産の売買では「目的物の補修」がこれにあたります。

なので 以前の「瑕疵担保責任」としてはハッキリ規定されていなかった
修復請求が認められることになり 売主が無過失の場合でも
買主はこれを請求できるわけです。

修復請求をしても売主が修補しないとき、あるいは修補が不能であるときの
規定が買主の代金減額請求権(民法563条)の規定になり
これも売主の過失は関係ありません。





0 Comments

Leave a comment