FC2ブログ

記事一覧

問題を提起する人が優秀なので

今、ビジネスの現場では 「問題を解決する能力」より
「問題発見・提起の能力」の方が求められているそうです。

市場に多くの不満・不安・不便といった問題が山積していた
20世紀の後半までは様々な問題を解決し正解を出す人が高く評価され、
高額の報酬を得ることができました。

日本のビジネスリーダーもこれまで長いこと「問題を解く」
ことに長けた人々でした。 

しかし、AIの時代 問題解決能力は供給過剰だそうです。

詳しくは→ こちらの記事


つまり重要なのは、問題を提起することです。


菅義偉首相が日本学術会議から推薦を受けた
新会員候補者6人の任命を拒否した件が話題です。


TVやネットを見ると 人事のことより日本学術会議の制度設計の見直しや
民営化などの問題解決案の話題で持ち切りです。


政府側も 学術会議の問題解決方法なんかは 当然分かっていて
また 任命拒否でバズるのも想定内だったのでしょう。


最初からこれを世間に問題提起することが目的だったわけです。


おわり


















コメント

コメントの投稿

非公開コメント