FC2ブログ

えべっさん

えべっさん



毎年1月9日、10日、11日は「十日戎」がおこなわれ 
我々不動産屋も各地域のえびす神社に参拝します。

この七福神の一員として知られている「えべっさん」、
商売繁盛の神、漁業の神、福をもたらす神などとして多様なご利益を持つ
神様であり全国の神社に祀られています。 その全国各地のえびすを祀る神社の
総本山とされるのが 西宮神社(西宮市)や今宮戎神社(大阪市)です。

そして、関西人の間でこの時期よく会話にでるのが、
「西宮と今宮のえべっさん、どっちが上やねん?」
「同系列やったら 神社の総本山は1つやろ」
「どっち行けばいいねん」
とかではないでしょうか?

なので 調べました。

実は上記図の釣竿を持っている よく見る七福神のえべっさんは後付け
(室町末期~江戸時代)で 西宮と今宮のえべっさん、主祭神が違います。

全国のえびすを祀る神社の主祭神は大きく
「ヒルコ神」と「事代主神(ことしろぬしのかみ)」に分けられます。

ヒルコ神とは 古事記の国生みの段に登場する神で
イザナミ・イザナギが(淡路島を生む前に)産んだ子供です。
しかし、不具の子だっだため 海に流されてしまいます。

そして、このヒルコが海から海岸についたのが西宮の海岸で
それを祀ったのが西宮神社だそうです。

事代主神は古事記の国譲りの段に登場する神で
大黒主の息子です。これを主祭神にしているのが
今宮戎です。

どちらも海に起源を持ち 元々は海岸に住む人々に豊漁を
もたらす神様でした。その後商業が発達するにつれ商売繁盛の神様として
祀られるようになったそうです。

なので この他 服部や庄内、尼崎、十三等各地域にあるえびす神社は 
ヒルコ系か事代主系かに分かれるわけです。

そして商売繁盛を願うのならどこでも良いわけです。


おわり


0 Comments

Leave a comment