FC2ブログ

記事一覧

契約期間中の修繕

民法606条(賃貸人による修繕等)
1.賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。ただし、賃借人の責めに帰すべき事由によってその修繕が必要となったときは、この限りでない。
2.賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。

民法607条の2(賃借人による修繕)
賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、賃借人は、その修繕をすることができる。
一 賃借人が賃貸人に修繕が必要である旨を通知し、又は賃貸人がその旨を知ったにもかかわらず、賃貸人が相当の期間内に必要な修繕をしないとき。

二 急迫の事情があるとき。


初めて家を借りる人等が いきなりこの法律を読んでも
ごく常識的なことしか書かれてないように感じるでしょう。



令和2年4月1施行前の民法では 賃貸借の目的物の修繕は
すべて賃貸人が実施する義務を負うとされていました。


なので よくトラブったのです。


それが改正民法によって 賃借人の帰責事由による修繕の負担については
賃借人とするということが明文化されたわけです。
一般常識に近づいたわけです。(もちろん判例は昔からこれでした。)


居住用建物賃貸借契約書の特約で
「電球・蛍光灯の取替え、ヒューズの取替え、給水栓(パッキン)の取替え、
排水栓(パッキン)の取替え、その他費用が軽微な修繕」について賃貸人の
承諾なく賃貸人自らの負担において行うことが可能。


と これは逆に(民法で明文化されたが故に)以前の契約書に比べ
軽微な修繕の範囲が狭くなっています。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント