FC2ブログ

記事一覧

資本的支出

アパートやマンションを所有している大家さんが建物の修繕をした場合
どんな修繕をしても全額が修繕費になるのかと言うと、そうではありません。

修繕によって資産の価値が増加したり、資産の耐用年数が延びたりした場合は、
税法上で修繕費とは認められず「資本的支出」として扱われます。

そして、資本的支出になる場合は、固定資産と同様に
耐用年数に従って減価償却する必要があります。

この修繕費か資本的支出にあたるかの判断基準については
国税庁のサイトなどに詳しく書いていますし、個別の事例は税理士に相談してください。

修繕費、資本的支出のどちらで扱っても経費として計上されることに変わりはありません。
ただ違うのは「経費計上される期間」です。修繕費の場合は、
対象の年度(単年)で経費計上されますが、資本的支出の場合は
それぞれの耐用年数に応じて減価償却をしていきます。

仮に減価償却の期間が10年であれば10年間にわたって経費計上を行うのです。


またまた簿記3級でやる 資本的支出、収益的支出の仕訳です。


「今年は儲かったから持っているアパートを修繕して経費で落とそう」とか
「あまり儲かっていないので 減価償却費で計上しよう」とかが出来ないのです。


どちらで計上するか決まりがあるわけです。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント