FC2ブログ

記事一覧

売却理由がいろいろあるので..

以前、不動産屋の両手仲介には 双方代理や
利益相反、物件の囲い込みなど問題はあるが 
売主・買主からのトラブルが少ないですよ 
という記事を書きました。

→ 参照


トラブルが少ないのは少ないのですが
無いわけでではありません。



かつては
結婚して子供が生まれるころには広めの
賃貸マンションに移り やがて分譲マンションを購入。
そして売却し 庭付き一戸建てへ住み替える。

これは平成を飛び越えて昭和の時代の話です。

それでも一定数、上記の「住宅すごろく」のような
ステップアップする住み替えや都心のタワーマンション等
購入時より値上がりしたので売却という人もいます。


こういう人達はいわゆる前向きな売却なので
その理由を人に言うことにあまり抵抗はありません。

我々にも気軽に言ってくれます。


しかし、現在多くの人にとって、マンションは住み替える
のではなく永住する住み家です。

つまり、簡単に売りたくはないので
売却には事情がある場合が多いのです。


また、不動産の売却には
家計の債務超過による売却、離婚、倒産など
の理由が一定数存在します。

つまり、売主は大きい声で売却理由を
言いたくない場合があるのです。


売主のプライバシーに当たることは
我々が業務上知り得た事実になり 言ってはいけません。

しかし、売却理由については原則聞かなければなりませんし
買主に伝えなければ商談が成立しない場合もあります。

これらに売主(または売り担当業者)からのヒアリング能力
買主へのアナウンス力が必要になってきます。


何が言いたいかというと

スムーズな不動産取引は両手・片手仲介
関係なく担当する営業マンの力量による
ということです。













コメント

コメントの投稿

非公開コメント