FC2ブログ

記事一覧

永く・優秀な人材を求めるなら女系

江戸時代、商売をやっている家系は
地主や殿様等と違い女系が多かったようです。 

商売人の跡取りは優秀、健康で無くては勤まりませんでした。
しかし、自分の息子がそうであるとは限りません。
不向きな息子が生まれる可能性の方が高いわけです。

なので 商売人は娘と優秀な従業員とを結婚させ
その夫を跡取りにさせたわけです。

商家では子供のころから家業の手伝いをさせ
その子供が跡取りにふさわしいかどうかの
能力を見極めていました。

もし、息子だからといって能力もないのに
継がせてしまったら 店は一瞬でつぶれてしまうからです。

三井家ぐらい大きくなると 店は実質、番頭が仕切り
オーナーとの所有と分離が成立していましたので
関係ありませんが 一般の商家は
こういった理由で女系が多かったわけです。

一夫多妻制でもない現在、永く「家」を残そうと思うと
女系の方がよいわけです。



P.S これは現在の皇室問題とは関係ありません。
  
   あくまでも参考程度に・・






コメント

コメントの投稿

非公開コメント