FC2ブログ

安易な瑕疵担保責任免責は・・

不動産売買契約書によくある 「売主の瑕疵担保責任を免責する」
(例:売主は、本物件の隠れたる瑕疵につき一切の担保責任は負わない等) 特約、


売主 (一般のエンドユーザー)・買主双方が 意味を理解し、合意して

契約を締結すれば 有効です。

 
中古戸建の場合、土地の瑕疵、雨漏りシロアリの害、給排水管の故障、

主要構造体の木部の腐食 (責任範囲は契約書により違います)等の

一般的に売主が負うべき隠れたる瑕疵が存在した場合でも 引渡後


「瑕疵担保免責」(上記略)の特約があれば 


買主はこれらの修復費用を請求できません。





ですが これは売主が隠れたる瑕疵を知らなかったことが前提で 


「知っていて黙っていた」場合この特約をつけていても責を免れません。

売主の告知義務違反になります。


さらに注意が必要なのは 「買主が引っ越してすぐに 雨漏りを発見」等

売主がこれらの隠れたる瑕疵を知らなくても 通常の注意力をもって知りえたこと


は 「瑕疵担保免責」の特約があった場合でも告知義務違反になり


売主に責任が及びます。





以上 教科書みたいになりましたが 


「瑕疵担保免責だから売主は告知義務をはたさなくて良い」


と考えている人(売主・買主・仲介業者)が意外と多いと思ったので


正確に言っておきたくて (゚∀゚)

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ