複式簿記の知識が


私は会計の知識はあまりありませんし どちらかというと苦手です。


しかし 個人事業主や経営者にとって 単式簿記でなく複式簿記の知識が重要だと
改めて感じています。



一から説明するのはめんどくさいので
会計の本など最初の方に書いてある図です。


boki.jpg


この図の意味を理解することは 結構大切です。


この知識がなく 単式簿記または 損益計算書の知識だけで
経営すると 以下のようなことがあり得ます。



・利益があるのに金がない。


・「現金はあるけど利益が薄い」の意味がわからない。


・未払い費用がいくらあるのかわからない。


・借金がいくらあるのか? この金は使っていいのか?


・原価計算ができない。


・経理担当に会社の金をパクられてもわからない。


・社長の羽振りが良い=儲かってると思ってしまう。

                などなど



なので 私は会社を設立してすぐに 日商簿記の資格を取得しました。


3級・2級と一発合格でした。




その昔 取得した宅建は一発合格ではありません。



また その昔取得した自動車運転免許も一回落ちてます。


                           おわり



0 Comments

Leave a comment