神学論争

神学論争:結論の得難い議論のこと。 


特に最近では 憲法9条の解釈をめぐり議論することは 結論を得難いという意味で


「神学論争」という言葉が使われます。




会社の重要な会議・学校・その他コミュニティーの意思決定時・家庭内で何かを

決めないといけない時・締め切りがある打ち合わせ などなど・・

当然ですが、殆どの会議・打ち合わせにおいて「神学論争」をしてはいけません。




しかし、世間ではこれまた 井戸端会議・雑談全般・夫婦喧嘩等で

「焼きそばには ソースか醤油か」的な(レベルの) 「神学論争」が数多くあります。




営業の世界では 商談中フリートークをすることで 

まず「相手(顧客)と意見が違う→価値観が違う」ということを

理解することも大変重要です。

なので雑談中軽く 「神学論争」になることは問題ありません。


これは 世間一般のコミュニケーションもそうだと思います。

なので普段の会話中に「あ これ神学論争だ」 と言って


なんでもかんでも 話の腰を折ると  嫌われます。


そして 神学部(または出身)の人に「神学論争」というと 怒ります。







0 Comments

Leave a comment