FC2ブログ

43条但し書き


43.jpg


建築基準法43条1項には「建築物を建築する場合 道路(建築基準法上)に
2m以上接していなければならない~」などという敷地と道路との関係が
記載されています。


そして 「基準法の道路に面してない場合でも空地などがあればOK」
というような例外規定が書かれています。これが 43条1項ただし書きです。


前面道路(実際は道路ではない)がこのただし書きの場合、確認申請の前に
申請者は まずこの43条1項ただし書きの許可を取らなければなりません。


複雑に見えますが それぞれ役所には43条ただし書き適用要件(一括許可基準)
というのを設けていて それに該当すれば 役所は許可をだすシステムです。
(建築確認申請と同時の場合もあり)

なので ただし書きに接している土地の購入を検討する方は
不動産屋が 「大丈夫です。建て替えできます。」といえば ほぼ問題ありません。



但し、一応その前段階で以下の点は気をつけてください。


・ただし書き部分の所有者はだれか?

各地方公共団体・土地の所有者本人・その土地の開発業者(分譲地に限る)
であればO.Kです。

しかし、全然関係ない第3者であれば 要注意。
※ただし書きの許可申請時や通行・掘削時に同意が必要です。
 (うるさいやつかどうか確認)
なので ややこしいやつが持っていた場合 あまりおすすめできません。

※融資の担保評価が落ちる場合があります。




・建て替え時同じ規模の建築物が建てられるか?

これは不動産屋を通じて役所に確認。


・ただし書き部分に工作物はないか?

過去にただし書き許可がおりた物件でも 新たに許可がおりないケースは
この可能性があります。


 
                               以上

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ