FC2ブログ

機会原価で考える


ビジネスマン・経営者等が何か意思決定する際、そのプロセスにおいて

目に見える数字ばかりではなく 機会原価でも考えます。


例えば 店舗において商品が完売した時

「より商品を多く置いとけば もっと売れたんじゃないか?」


簡単にいうと この「もっと売れたんじゃないか」の部分が機会原価です。


「もう一方の選択肢を選んだ時に得られるであろう 利益」のことです。


私も 詳しい会計的な理論はわからないので参考に→

https://kanjokamoku.k-solution.info/2005/02/_1_34.html



物事を決める際、ビジネスの現場・またはビジネス以外でも

これを使うことが多々あります。





そして 不動産を買う・または売る場面においても 売主・買主は


これを使うとよい(機会原価で考えたほうがよい)と思う場面があります。


売主:購入申し込みをもらったけど この顧客でよいか? 

   断ってまた販売活動した場合(時間等) 機会原価はどうか?


買主:この物件を断って また別の物件を探した場合 機会原価はどうか?
   

などなど・・


お金だけではなく時間や信頼関係等さまざまなことを想定し


考えなければいけません。結構重要です。




偉そうに書いてますが


この考え方 私自身も全然できていません。 難しい・・・



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ