宗教改革


宗教改革


1517年、ドイツの宗教学者 マルティン・ルターは カトリック教会が
発行した免罪符を自身の意見書で批判しました。これが宗教改革の始まり、
プロテスタント(新教)誕生のきっかけとなりました。





昔、高校の世界史か中学の社会科でこれを習った時、私は「なんじゃそら」
「だから何?」でした。そしてその後 何の関心もなくすごしてきました。




昨年、10月31日、この意見書(95か条の論題)
の発表から500周年を記念し ドイツ全土が祝日となりました。



そこで ちょっとだけ学習しました。





プロテスタントが信仰する「神との約束」は勤労・貯蓄(カトリックは
これがダメ)・倹約といった まじめな生き方をしたものでした。





この考えは 後にドイツ・オランダ・イギリス・アメリカ・フランスなどで 革命や戦争を経て
 「資本主義」や「民主主義」を生むことになりました
(過程は省略。教養として勉強する価値ありですが 私はしません。)






明治時代、この資本主義・民主主義・の価値観は日本に入ってきました。





現在、日本で 一応公平なルールで、商売してお金儲けできるのは 
ルターのおかげなのです。  
            
                 おわり


正確に言うと この後のカルヴァン派の影響が大。


0 Comments

Leave a comment