FC2ブログ

公道か私道か


不動産の概要書や広告に記載されている 対象不動産の前面道路が
公道か私道かは 実は法律用語ではありません。


建築基準法の道路の種類の分別に道路の所有者はあまり
関係無いのです。


よく間違える42条1項1号道路は「道路法による道路」で
公道とは限りません。


道路法による道路とは 管理しているのが国や地方公共団体で
所有権までは規定されていません。
(実際は公道みたいなもんですが・・)


つまり 道路の管理は市で所有は個人・法人というケースもあるのです。 公道か私道かとは その所有者のことをさすわけです。


また 重要事項の説明に記載されている「私道の変更または廃止の制限」、
ここでさすのも 所有権が私有のものです。


本来、私有財産はその処分や用途の変更については 所有者の自由です。
しかし いろいろな規制があるので(道路の接道している関係者全員の
同意が必要など)所有者は勝手に廃止したり変更したりはできません。


所有者が個人や法人だと その可能性がゼロではないという意味です。


なので 開発業者が所有してて市が管理している道路なんかは 
廃止の制限にかかりますが 前面道路がそのような物件を
購入しても ほぼ問題はないでしょう。


コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ