FC2ブログ

家賃相場は調べてから買う


「30年間家賃保証」 「需要が増加しているシェアハウス」
を謳い文句に 一般サラリーマンなどにに不動産投資を勧めた不動産会社
㈱スマートデイズ。 現在、資金繰り悪化のため 賃料の支払いをストップし
問題となっています。「かぼちゃの馬車問題」



風呂・トイレが共用の女性専用シェアハウスという名の 普通のアパート。
この間取りで 30年間コンスタントに入居者がつくとは考えられません(大阪でも)。



今後、㈱スマートデイズから投資家が購入するまでのスキームは
マスコミ等を通して明らかになっていくでしょう。


なので サラリーマン等が初めて1棟マンションなどの投資物件を
購入する際の注意点だけ書いときます。


不動産投資する際の注意点は 主に

・想定外の空室

・金利の上昇

・災害による建物の破損

のリスクは 物件の所在がどこであれ必ずあるでしょう。


マンション・アパート経営をするのであれば 
これらは不動産屋の言うことを聞くだけでなく 
自分でも調べる必要があります。



不動産屋が収支計画などで示している 
想定家賃は正しいのか?
(高く見積もっていないか?)
金利設定は正しいのか?(低く設定していないか?)
建物修繕費は?

この数字を計画段階で操作されると 想定利回りなんか
すぐに変わります。

しかし もし不動産屋が建築費・家賃などを操作しても 
銀行は気づくはずですが・・



今回の かぼちゃ問題は シェアハウスということもあり
分かりずらい面もあったと思います。



ですが たとえ不動産屋が家賃保証すると言ったとしても
投資不動産の購入者は 上記くらいは調べる必要があるのです。






コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ