アドルフ・アイヒマン


第二次世界大戦が終結しドイツは敗戦国になりました。
ナチスドイツの幹部(アウシュビッツ収容所の所長など)としてユダヤ人殺戮を
おこなった中心人物、アドルフ・アイヒマンは捕まれば即死刑になるのは確実でした。


そのため 直ぐにアイヒマンは妻子を連れアルゼンチンへ逃亡。
名前を変え一般会社員として ひっそり暮らしていました。


しかし1960年、アイヒマンはイスラエル諜報員に捕らえられ 
人道に関する罪や戦争犯罪などを問われ イスラエルで裁判にかけられます。

この裁判は 「悪名高いナチス幹部のアイヒマンとはどんなやつだ」
と 当時国際的にも注目されました。

が 現れたのは普通のオッサンでした。

800px-Adolf_Eichmann_at_Trial1961.jpg

しかも アイヒマンは無罪を主張し
「私は 命令に従い忠実に実行したまでです。」
と全く悪気がありません。

演技ではなく 本気でそう思っていたみたいです。


それでも 死刑の判決が下されました。


が、このことが学者の間でも議論になり アイヒマン実験など
その後の心理学の実験に発展していきました。


つまり 閉鎖的な状況において人間は 正・悪関係なく権威者の指示に
従う場合が多いという事です。


アイヒマンは 全く反省していないので極端ですが


「ん? 今回の財務省の森友文書 書き換え問題も似てるな」

「いや こういう事サラリーマン社会も多いな」


と思ったのは私だけでしょうか?


おわり












0 Comments

Leave a comment