FC2ブログ

ノンキャリアでも賢い


およそ30万人いる国家公務員のうちいわゆるキャリア組は 
15000人います。出身大学はほぼ東京大学、一番賢いと言われる
財務省は 中でも法学部出身者が多いのです。

毎年、中央省庁で数百人程度をキャリアとして採用(以前の国家公務員1種)
しており財務省のキャリア採用はそのうちの数%未満です。

レベルが高すぎて どれ位賢いかもわかりません。


我々が扱う不動産で 土地の境界が未確定な物件を取引する場合、 
確定測量が必要になる場合があります。
測量の際、対象不動産の隣地所有者と境界の立ち合いをします。

その隣接地が国有地の場合、立ち合いの現場に来るのは
財務省近畿財務局の人です。

私の個人的印象ですが この人たち、不動産のことはよく知っています。
その知識はそのへんの不動産屋以上です。

そして頭の回転も速いです。
その速さは おそらく私の10倍くらいでしょう。

もちろん 私も財務局の人と立ち合いをした経験は多くありません
(2回くらい)。その人がキャリアなのかノンキャリアなのか
もわかりません。

なので言い切ることはできませんが 
普段から不動産を扱っているこのレベルの人たちが
不動産取引に登場する「怪しい取引相手」を見抜く嗅覚は
あるはずです。

今回の森友文書 書き換え問題。
籠池氏が「怪しい取引相手」かどうかというのは
財務局の人は一瞬で分かるはずです。

「こいつ金あるのか?」 「そんなたくさん ゴミあったんか?」
 「この人とは取引しない方がいいな」位の事は 不動産屋であればわかります。

それ以前に近畿財務局は気づいていたはずです。
でもこの話を途中で壊せなかった。
これが圧力なのか忖度なのかはわかりません。

私であれば早い段階(上にあげる前)でこの商談をぶっ壊して
別の買主を探します。

不動産取引は安全・安心が大切で 
そのためには商談をぶっ壊すことも必要なんです。


このぶっ壊す行為が 頭の良い人たちには難しい。
組織が大きすぎても難しい。
大手不動産会社でも難しい。


なので 不動産を ご売却の際は ◆北大阪住販◆までご相談下さい。 
お待ちしています。


以上CMブログでした。



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ