FC2ブログ

ロシア帝国


ロシア国旗



先日のロシアの大統領選挙ではプーチン氏が圧勝、2024年までの6年間
プーチン政権が続くことが決まりました。

クリミア半島併合やオリンピック選手のドーピング問題、イギリスでのロシア
元スパイ殺人毒殺未遂事件などロシアはいつも世界のトラブルメーカーです。

ロシアも一応選挙はしています。
「じゃ なぜロシア国民はプーチン氏のような強靭なリーダーを好むのか?」


古代ローマにはアルプス山脈、西ヨーロパにはドイツの森
アメリカには大西洋、日本・イギリスは島国です。

これら民主主義の根付く国には遊牧民などの他民族が
攻め込みにくい自然の防波堤がありました。

対してロシア・中国・中東の国々には 国境を遮るもの(川ぐらい)がなく
簡単に攻め込まれる歴史がありました。

地政学的なリスクがあったわけです。


なので 中世、モンゴルの騎馬民族は ロシア・中東・中国を攻め落とし
そこに征服王朝を建てました。

モンゴルの支配下におかれた約200年間を
「タタールのくびき」と呼ぶほど ロシア人には強いコンプレックスとなっています。


この気持ち、日本人にはピンときません。


想像すると

・江戸幕府の殿様や大名が全員アメリカ人だった。

・100年以上続く日本の老舗の企業の役員が全員外国人に変わった時の社員。

・外資系では無い会社で 突然部長がアメリカ人に変わって社内の
 公用語が英語になった。

・天皇が外国人。

の時の気持ちではないでしょうか。


これであれば 同じ民族の独裁者のほうがマシかもしれません。


つまり ロシアはトップが変わっても 
いずれまた、独裁者が出てくる可能性が高いわけです。










コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ