FC2ブログ

年金機構を責めるのは簡単ですが・・


日本年金機構がデータ入力を委託した「SAY企画」が契約違反をし中国の関連会社
に再委託したことで 「データ入力ミス」「個人情報の流出」がおきました。

一部報道によると 日本年金機構は入札により「SAY企画」を選定し、
データ入力業務を委託したそうです。

私が(勝手に)想像するに 年金機構内で

上司 「年金受給者のデーターを入力する業者 ○日までに決めといて」

部下 「はいわかりました。 実績のある業者を入札で選定しておきます」


しかし、入札に応募してきたのはあまり実績のない2~3社
そして入札で一番金額の低かったのは「SAY企画」。

部下はこの業者大丈夫かと思いながらも
「500万件のデータ入力は可能ですか」

SAY企画 「大丈夫です。アルバイトや派遣社員をかき集めれば十分間に合います」

SAY企画に決定。

しかしこの好景気による人手不足、アルバイト等は集まらず 
中国の会社に再委託したのでしょう。 そしてミス発覚。

 「なんで年金機構はSAY企画なんかに発注したんだ。ちゃんと選定しろ」
というのは簡単です。テレビのコメンテーター等もそう言うでしょう。

しかし現場では
・働き方改革による残業時間の短縮。
・同一労働・同一賃金による非正規社員の時給UP。
等が原因の人手不足により 外国人労働者に頼ざる得ない業務が増えています。


また、年金機構の仕事も 経費圧縮による業務へのしわ寄せが想像できます。

「事件は会議室ではなく現場で起こっているんです。」

この問題、結構根深いような気がします。

ちなみに私は年金機構に知り合いはいません。

おわり






コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ