「安心R住宅」


「安心R住宅」とは、既存住宅の流通を促進することを目的として
国土交通省より告示され、平成30年4月1日から使用開始される制度です。
詳しくはこちら 「安心R住宅・国土交通省」を参照ください。

要約すると「安心R住宅」の要件とは以下の4つを満たす既存住宅です。

1、新耐震基準を満たす住宅
1981年(昭和56年)6月1日以降の建築確認証を受けた住宅、あるいは耐震補強工事
をするなどして現行の耐震基準をみたすことを証明する「耐震基準適合証明書」が
発行された住宅。

2、既存住宅瑕疵保険の現場検査に適合した住宅
既存住宅瑕疵保険の検査事業者による現場検査を受け、「検査適合証」が発行された住宅。

3、リフォーム済か、リフォーム提案書がある住宅
広告時点でリフォーム工事が完了しているか、リフォーム提案書が
用意されていることが要件。

4.対象住宅に関する情報の保存状況がわかること
住宅建築時の情報や維持保全の状況、保険または保証、省エネルギーに係る情報、
共同住宅では共用部分の管理に係る状況など、住宅を評価する上で必要な書類が
保存され、買主の求めに応じて開示されることが必要。

今年の4月1日からは宅建業法改正により 不動産屋は既存住宅状況調査の活用を
促すことが義務付けられました。

政府や業界は 中古住宅の流通を促進することを本気で考えています。
新築好きの日本人の趣向がすぐに変化するとは考えられませんが 今後、これらの
制度をきっかけに 既存住宅の流通量のシェアが伸びていくのは間違いないでしょう。




0 Comments

Leave a comment