不動産屋のフリートーク
FC2ブログ

不動産屋のフリートーク

不動産情報他・雑談・世界史とか

今年は残暑が厳しいらしい

雨の日が続き、近畿地方も平年より梅雨明けが遅くなっていますが
いよいよ来週は梅雨明けしそうです。(たぶん・・)

先日の気象庁発表の3か月予想によると 8月は全国的に厳しい暑さになり
9月、10月も高温の傾向が続くようです。

特に、西日本は降水量が少なく暑くなるようなので 熱中症などの注意も必要です。


と言っても長期予想は よく外れるので根拠を書いておくと

フィリピンからインド洋辺りの海水温が高くなっており
偏西風が平年より北を流れやすくなっているようです。


これにより太平洋高気圧は日本付近へ張り出しやすくなり
暑くなるようです。


天気0003



以上 それだけです。






  1. 2020/07/26(日) 16:38:30|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0

洪水浸水想定区域

各市町村では、洪水浸水想定区域図に洪水予報等の伝達方法、
避難場所その他洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために
必要な事項等を記載した洪水ハザードマップを作成し、印刷物の配布やインターネット等
により、住民に周知するようになっています。

洪水ハザードマップ

また、浸水想定区域内にあり、洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保又は
洪水時の浸水の防止を図る必要がある施設として市町村地域防災計画に名称及び
所在地を記載された地下街等、要配慮者利用施設(社会福祉施設、学校、
医療施設その他の主として防災上の配慮を要する者が利用する施設)、
大規模工場等については、避難確保・浸水防止計画等の作成、訓練の実施、
自衛水防組織の設置等を行うこととされており、市町村からは当該施設の所有者又は
管理者及び自衛水防組織の構成員に洪水予報等が直接伝達されます。

なので ご自分、または親族等が住んでいる(またはこれから住もうとする)地域が
洪水浸水想定区域に該当する場合、チェックが必要です。




  1. 2020/07/08(水) 11:45:49|
  2. 不動産
  3. | コメント:0

コロナ後の経済

コロナ後、我々の働き方や日本経済や社会はどうなっているんだろうか?

気づいたらいつの間にか 世の中はめちゃくちゃ変わっていているんじゃないか?



などという 重いテーマでブログを書こうと思ったのですが

諦めました。


最近、ブログなんか全然書いていないので 

書けません。


このテーマ、TVや雑誌など様々なメディアで取り上げられています。


ですが、これが一番参考になりました。






おわり








  1. 2020/06/11(木) 14:58:17|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

相続で空き家となった土地建物を売却した場合

相続が原因で空き家となった不動産を相続人が譲渡すると、一定の要件を
満たす場合は譲渡所得から3000万円を特別控除することができます。

「空き家に係る譲渡所得の特別控除」


特別控除を受けるための空き家の要件。

●相続開始直前において、被相続人が居住していたものであること
●相続開始直前において、被相続人以外は居住していなかったものであること
●昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された家屋であること
●相続時から譲渡時まで、事業、貸付けまたは居住用に使っていないこと。
●現行の耐震基準に適合する家屋であること(耐震リフォーム後譲渡でも可)
  ※建物解体後、更地にして譲渡も可です。


譲渡価額の要件


●1億円以下


期間の要件


●相続開始からの期間:相続開始があった日から3年を経過する年の
12月31日までの譲渡
●令和5年12月31日までの譲渡


その他詳細は こちらを参照ください。





  1. 2020/05/07(木) 17:37:18|
  2. 不動産
  3. | コメント:1

情報は自分で取りに行かないと・・

新型コロナ関連のテレビ報道を視聴していて思ったのが
TVショーとは 必要以上に視聴者をビビらせる事と
政府等がする事に対し 「ああだこうだ」文句をつける事が仕事のようです。 

なので 本当に知りたい情報は自分で取りに行く必要がある
と強く感じる今日この頃です。


「過度な自粛はどうなんや」とか・・・


1コロナ

コロナ2


コロナ3

これらを見る限りだいじょぶそうです。




そして、我々が気を付ける事は

3mitu.jpg


手洗い0001

 
で ええんとちゃいます。


おわり




  1. 2020/04/24(金) 16:51:26|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0

「緊急事態宣言」への対応について

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく
「緊急事態宣言」発令を受け、営業時間を以下の通りとさせていただきます。


■営業時間:13:00~18:00 定休日:水曜日

■期間:5月6日まで

尚、感染予防としまして お客様対応時、マスク着用、
手洗い・うがい・アルコール消毒は徹底しております。


以上


  1. 2020/04/12(日) 17:13:18|
  2. 不動産
  3. | コメント:0

タバコやめろ要請も・・・・


喫煙は免疫系を弱め、コロナウイルス感染への
効果的な対応をしにくくすることが分かっている様です。

喫煙者はまた、既に肺疾患を患うほか、肺の機能が落ちている場合があるため、
深刻な疾病へのリスクが高まります。

詳細はこちら

コロナウイルス対策で重要なのは 感染率より重症患者・致死率を
減らすことです。(だと思います)




7日、現在 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言は
大阪府・兵庫県も対象とする方針が固まりました。

周知のとおり 宣言がでると 住民に仕事や食料品の買い出しなどを
除く外出の自粛要請や、学校、百貨店、映画館などの使用、
イベント開催の制限・停止を要請・指示できるようになるようです。

ただ大半は強制力がなく、国民の自主的な協力が前提となります。


だったら 「タバコやめろ」要請を出しても良いのでは・・・・・



ちなみに私は5年前にタバコ、止めました。


おわり




  1. 2020/04/07(火) 16:21:30|
  2. 雑談 
  3. | コメント:0

契約不適合責任

今年4月、施行される改正民法では 瑕疵担保責任という
法律用語が 契約不適合責任という用語に変わります。

これら「名前が変わるだけ」と思っていないでしょうか?

瑕疵担保責任の責任追及期間は 買主の請求は事実を知った時から
1年以内、これに関連し宅建業法では、宅建業者自ら売主の場合、
引渡日から2年以上、同条の規定より買主に不利となる特約をしては
ならないとされていました。


今回の改正で 買主は不適合を知った時から1年以内にその旨を
売主に通知~(以下略) となりました。

一見同じに見えますが


瑕疵担保責任は瑕疵が隠れていた場合
(買主が瑕疵を知らなかったことについて善意無過失の場合)
に限定されていましたが 改正後の契約不適合責任では
契約不適合が隠れたものであった(善意無過失)場合
に限定されなくなります。

よって 売主が宅建業者の場合、売主の責任を隠れた瑕疵に
限定する特約は、買主に不利なものであることから無効となります。




特に売主が宅建業者の中古住宅なんかに影響するでしょう。










  1. 2020/03/17(火) 17:16:40|
  2. 不動産
  3. | コメント:0

ヨーロッパは感染症にデリケートなので

一連の新型コロナ関連のニュース、私、個人的には 「騒ぎ過ぎだろ」
「患者の致死率・重症度からみても風邪レベルだろ」
「他のニュースもやってくれ」と思ってみています。

が、しかし 感染者がヨーロッパに広がり、同様に騒ぎ出しているのには 
少し懸念、ヤバイ(世界経済が)と思っています。

それは、世界史的に ヨーロッパは感染症の被害者でもあり
加害者でもあったからです。


6世紀中盤のビザンツ帝国や 14世紀ヨーロッパ全土を
おそったペスト(黒死病)は人口を激減させ 社会体制
(ユスティニアス体制や封建制)の変動に大きな影響を与えました。

詳しくはこちら





加害者だった理由は こちら

銃


なので 欧米メデイアはまだまだ騒ぐかもしれません。





  1. 2020/03/06(金) 15:37:27|
  2. ニュースとか
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

kitaosakaj

Author:kitaosakaj
大阪市淀川区の不動産屋です。

最新記事

カテゴリ

不動産 (92)
雑談  (61)
世界史 (48)
ニュースとか (23)
本・書評など (19)
ブログの主旨 (3)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる